gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

中古品を買うことに対して抵抗のある人ってどのくらいいるだろうか。

日記

昨日、ブックオフに行った記事を書いたのだが

所謂中古品を買うことに対して抵抗のある人ってどのくらいいるだろうか。


ちなみに自分はその一部だ。
散々売りには行くのに、自分で中古品を買うことはない。


理由としては、、、なんとなく←



他人が先に買って触ったものなんて汚くてヤダッ!という潔癖症な感じではない。
本来中古品なら定価よりもまあまあ安く買えるのでメリットしかない様に思われる。



これは説明しにくいというか伝わりにくいかもしれないが、どうせ所有物になるなら1番最初に触れるのが自分でありたいという変な意地がある。



特に楽器に対してそういう思いが強い。


中古専門の楽器屋があるくらいなので需要は間違いなくあるはず。たまに楽器を見に行くだけで入ることもある。


あのランクの機材があの値段で買えるなんて!と思う場面が何回かあったが、財布の紐は緩まなかった。



楽器は長く弾き続けるほど音も変わっていく。
全く同じ鳴り方をするギターは存在しない。
そういう意味でも中古品ではなく、最初から最後まで自分が弾きまくって音を作っていきたい、という思いがある。



相変わらず万人に伝わりにくいネタになってしまった。とりあえず、今日は仕事終わりにギターを弾こう。無事に終わりますように。


ではでは:)

家で埃をかぶる羽目になるならレンタルや立ち読みで済ませるべきだろうか。

日記

ブックオフで漫画を売ってきた。



30冊で600円。



いいのか悪いのかで考えたら微妙なラインである。



まぁ、家で読まずに眠らせていたものが600円に化けたと思ったらいいのだろうか。



買いたい漫画もたくさんあるが、家で埃をかぶる羽目になるならレンタルや立ち読みで済ませるべきだろうか。

いや、こういう考えが出版社を衰退させる一途になるのだろうか。


ま、どーでもいいか。


なんても手抜きな感じで今週も始めよう。


ではでは:)

自分では出来ているつもりでも、客観的にみれば全然出来ていなかった、なーんてことは何にでも言えることだと思う。

日記 カラオケ

昨日カラオケについての記事を書いたけど、老若男女にウケる曲って何かないだろうか、とふと考えた。


CD爆売れ時代だった90年代の曲たちに候補は多いのではなかろうか。


ただ最近の曲でも金爆の「女々しくて」は意外と年輩の方にもウケた。


贈る言葉」とか「なごり雪」など昔の曲のロック、パンクアレンジも結構幅広く受け入れてもらえる(経験談


カラオケだから好きな曲を好きな様に歌うのは勿論なのだが、ガチの音痴の人が歌い出すと何故かハラハラする。

音痴と歌が下手は似ている様で違う。

発声や譜割りを間違えてしまうのではなく、音痴の人は正しい音程を捉えることができない。

音痴な歌い方を再現しろ、と言われたら実は中々難しい。



カラオケで上手く歌えない人に共通しているポイントは総じて声が小さいことだ。と自分は勝手に考えている。

マイクはイメージされているほど声を簡単に大きくしてくれない。当然だが、上手く声をあてないと上手く音も出ない。


小さい出力で細かい音程を調整するのは難しい。
だから、ある程度大きな声を出さばいいのだ。


気になった人はマイクで歌っているところをムービーにでも撮ってみれば分かると思う。



自分では出来ているつもりでも、客観的にみれば全然出来ていなかった、なーんてことは何にでも言えることだと思う。


俯瞰することはやっぱり大切なのだなぁ、み○を


日曜日。
久々にゆっくりしようかなー。


ではでは:)

今週のお題「カラオケの十八番」

今週のお題 日記

西の方の小学校建設について最近ゴタゴタ揉めている。真相が明らかになれば色んな膿が出てくるのだろうか。健全な子供を教育する場所が、既に真っ当健全な理由で作られていない時点でなんだかナンセンスである。
自分の立場と財産を守るため増やすためズレた行動が突き進んだ結果なのではなかろうか。どうなるかは分からないが、おそろしく書く気にならないのでこれについての記事は書かない。多分。


さーて、そんなこんなで



今週のお題「カラオケの十八番」



みなさん。
カラオケに行ったらどんなポジションになるだろうか?


1.率先して歌うorローテしながら歌う



2.自分は歌わず盛り上げ役(歌が得意ではない



3.ひたすら飲み物か食べ物を食べて聴きに徹する


自分は1.である。
せっかくカラオケに来たのだから歌わねば損である。
田舎出身なもので最初は都会のカラオケ値段設定に驚いたりした。田舎は1000円も出せば8時間ドリンクバー付きである。

まあ、そんなカルチャーショックにも慣れてきた今日この頃ではある。


歌うのは好きなのだが、カラオケに行った際に困るのは選曲である。一緒に来た仲間たちの好きなジャンル知ってるジャンルを攻めていく。
自己満の歌は基本的には歌わない。

ヒトカラとかすればいいのだろうが、したことはない。多分今後もすることはない。寂しいから←
ちなみに、ヒトカラに行くと店員から「1人で来るなんて友達いないのか…?」と思われるかもしれない、と悩む人がいるかもしれない。

しかし、実際そんなことはないそうだ。
大人数で部屋を汚されるリスクもなく片付けも楽なのでヒトカラはむしろ推奨されている、とカラオケでバイトのしたことある友人が言っていた。



本当は自分が好きな邦ロックの曲をガンガン歌いたいのだが、それを知っている人たちがいない場ではなかなか難しい。


となると頼りになるのは、
ランキング機能である。
オリコンチャートや流行りの曲を知らなくてもこれさえ歌っておけば何とかなる節がある。


そう言った意味で今年は分かりやすい。

RADWIMPSの「前前前世」か

星野源の「恋」を歌っておけばその場が盛り上がる。


歌いすぎて最早十八番といってもいいレベルになった。音痴でなかったのが救いである。


なんかカラオケに行きたくなった。
ヒトカラにでもいこうかな。



ではでは:)

悪いと理解しながらもやりたくなってしまう心理。なんか名前が既に付いていそう。

日記

アルコールも完全に身体から抜け去り少し健康を取り戻しつつある。飲み会の締めのラーメン、というか炭水化物の美味しさと言ったらない。


と、一昨日の飲み会では思う余地もなかった訳だが勿論締めのラーメン等が身体に与える影響は勿論悪い。


ラーメンが悪い訳ではない。
自分はラーメンも牛丼も大好きだ。

何が1番悪いって時間帯だろう。
極端な話、午前中に飲み始めて昼間あたりに締めのラーメンを食べるのはそこまで悪くはないと思う。

ま、そんなことする人あまりいないと思うが。
何より締めた感じにならない。



もう後は寝るだけ、というカロリー消費が皆無になる深夜帯の食事は安眠を妨げるだけでなく余分なエネルギーを貯蓄することになる。



そんなこと言われなくても分かってるわッ!!

という意見が大多数だろう。

でもやめられない。。。という意見も多いことだろう。


自分も気持ちは非常に分かる。



悪いと理解しながらもやりたくなってしまう心理。なんか名前が既に付いていそう。


もちろん、犯罪行為は余裕のアウト。
そういう次元の話ではない。


「締めのラーメン禁止法案」「食後のデザートはクッキー1枚まで法」なんてものが提示されたらどんなリアクションが生まれるのか興味が少しあったりもする。


とかなんとか言ってないで今日も働きますかね。


ではでは:)

どの様に解釈しようと最終的にアルコールは体にとっては毒である。

日記 医療

1ヶ月ぶりに飲酒をしたのだが、アルコールの耐性が衝撃的なまでに低下していた。


元々大食いの自分。
アルコールと一気に投入された食材達は胃袋の中でちゃんぽんされまくり自分の意識を遠のかせた。



ま、寝落ちしただけの話なのだが。



どの様に解釈しようと最終的にアルコールは体にとっては毒である。


飲みすぎは勿論よくない。
飲まないと寝られない、手が震えるなんていうのは論外である。


やはり、機会酒程度にしておくのが1番なのだ。
1人で飲むものでもない。



頭が今痛いわけではなく、

昨日の記憶が曖昧ミーであるくらいだ。

どんなに飲んでも2日目には残らないタイプ。
これはある意味長所かもしれない。


そんなこんなで今日もお仕事なので張り切っていこう。


ではでは:)

今週のお題「卒業」

日記 今週のお題

気づいたら2月が終わってしまった。
3日ほど他の月に比べて短いとは言え、あまりにも高速で過ぎていった印象だ。


そして、3月がやってきた。
ひな祭りという男は何をすればいいのかよく分からない日も目の前である。あ、ひな壇の飾り付けか。




そんなこんなで、
今週のお題「卒業」




3/1は高校の卒業式の日というイメージだ。
実際自分はそうだった。


中学は3月中旬、大学は3月下旬のイメージ。
あくまでイメージ。
何で日程をずらすのかと考えると明確なエビデンスはないが、きっと参列するお偉いさんのスケジューリングの関係だろう。どんなに有能な人も分身はできない。



卒業といえば、学校に限らず、アイドルグループの卒業とかが結構ニュースでは報道されたりする。
48人組のあの系列の人達とか特に。
卒業するのは構わないけどその後の仕事ぶりがピンとこないのも最早お家芸と言ってもいいくらい定番化している気もする。


そう考えるとアイドルがもてはやされてテレビなど引っ張りだこになっているのを見ると少し不安になる。
その忙しい間に何かしらスキルを磨かないと"若さ"がなくなった時に何も残らない。


アイドルを卒業してからの方が圧倒的に人生は長いのである。スキルを磨くか、すごい稼ぐ夫を見つけるかの二択になるだろう。


そう考えれば、スキャンダルで一時期危ぶまれたAKBの指原は中々上手く生き残ったイメージだ。
テレビでコメンテーター的なことをしているのも見たし、最早アイドルというカテゴリではない気もするが。



学生なら卒業する先輩、お別れする同級生、後輩


社会人でも退職する先輩、同期、後輩などなど


日常的に会う機会が減ったとしても会いにきてくれる人達のことは大切にしなくてはいけない。



そんなことを自分に言い聞かせて3月をはじめるぞい。

頑張るぞい。


ではでは:)