gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

マイナーな略語を使われた時に知ったふりをするか、コソコソ調べるか、「それ何の意味ですか?」と堂々と聞けるかは人間性が大分影響する事案だ。

最近担当患者に糖尿病の人が多い。



不規則な生活


とまらないスィーツ


どうも、糖尿病予備軍です。
(今流行りの人風に)




ちなみに、糖尿病は病院で使われてる略語で


「DM」


と呼ばれている。

Diabetes Mellitus
(甘い尿が止めどなく出るの意味)


この単語の頭文字をとって「DM」だ。


Diabetes単体でも糖尿病の意味合いを持つらしいが、大体病院ではDMと呼んでいる。



街中で看護師っぽい人達が

「新しく担当した患者が既往にDMとHTあって今度、キャブとAVRするんだけどさ。。」

こんな会話をしていたら

「新しく担当した患者が既往に糖尿病と高血圧があって今度、冠動脈バイパス術と大動脈弁置換術するんだけどさ。。」


という意味になる。


各業界の専門用語・略語はその知識が無い人が聞いてもちんぷんかんぷんになるだろう。

医療用語は特にそうだ。専門の人でもちんぷんかんぷんになる。施設によって呼び方が違ったりするから困ったものだ。
何とか統一できないものか。



中には同じ略語で全く違う病気の場合もあるから油断大敵だ。

さっきのDMもそうだ。「糖尿病」の他に膠原病の「皮膚筋炎」という病気の略語だったりする。


他にも有名な病気だと「MS」だろうか。

僧帽弁狭窄症と多発性硬化症という2つの意味がある。
共通点といえばどちらも厄介な病気であることくらいだ。

あとは「BA」

気管支喘息と脳底動脈の意味だ。
片方は病気でもう片方は血管である。




新人の頃は、とある先輩から

「略語使わないで正式名称で言いなさい!」

と怒られたことがあった。正式名称を理解しておくことは勿論大切だが、発声する意味はないだろうと思い常々逆らっていた←



「総肺静脈還流異常の患者のことなんですが。。」

と言うより

「TAPVRの子なんですけど。。」

と言った方がどう考えても効率的だ。




「患者が播種性血管内凝固になってさー」

と言ってるヤツは見たことない。

「患者がDICになってさぁー」

この文章が普通だ。




ま、メジャーな略語ならともかくマイナーな略語を使われた時に知ったふりをするか、コソコソ調べるか、「それ何の意味ですか?」と堂々と聞けるかは人間性が大分影響する事案だ。

ベテランになればなるほど聞きにくくなるのは自然の摂理かもしれない。



かくいう自分もこの前勘違いした。

後輩「患者さんがVFして〜」

自分「え!?あの人がVF!?大丈夫だったの!?」

後輩「え??えぇ、無事に終わりましたよ?」

自分「薬追加になってなかったよね、あの患
者?大丈夫なの?」

後輩「薬??嚥下機能は落ちてるとは聞きましたけど。。」

自分「あぁ〜そっちか。。ごめん。。」


後輩が言っていたのは

VF:嚥下機能検査
ただの飲み込む力を見る検査だ。

自分が勘違いしてたのは

VF:心室細動
死に至ることもある致死性不整脈だ。

何事も早とちりしてはいけないという教訓だ。
日々勉強である。


先ほども書いたように先輩になると後輩から物事を聞くことに抵抗がある人も出てくる。
自分はそんなことない。
変に意地貼るよりは聞いてしまった方が効率がいい。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

格言の通りなのだ。



ま、毎度毎度聞くようでは先輩の威厳もクソもないのでしっかり穴がないように日々勉強しようと思う。


ではでは:)

レッドブルやらブラックコーヒーやら飲んだところで変わらないのだ。眠る奴は眠る。

ゴールデンウィークが完全終了し、7月まで祝日はない現実。既に力つきてる人もいるのではないだろうか。


休み生活が続くと早起きがの習慣が消えていく傾向にある。早起きできても日中眠くなる人は多いのではないだろうか。

休みでなくても眠いという人は

がんばろう。
切実。




そして、睡眠といえば
こんな会話聞いたことないだろうか。



「休みって何してるの?」
「えー、1日中寝てるね」
「趣味ないの?」
「寝ることが趣味みたいなー(^o^)」



こんな感じだ。
寝ることが趣味と言うのは無趣味の人がお茶を濁すための選択肢である。と思っていた時期があった。


世の人の平均睡眠時間は6〜8時間らしい。


1日の4分の1ないしは3分の1は睡眠に費やすわけだ。そう考えたら趣味のカテゴリに入れてあげても文句は言われない気がしてきた。


ナポレオンは1日4時間くらいしか寝なかったらしい。
対してホリエモンこと堀江貴文さんは、しっかり睡眠をとり残された時間をどう有意義に使うかを意識するらしい。


レム睡眠、ノンレム睡眠という単語は聞いたことがあるのではないだろうか。


大分ざっくり説明すれば脳が寝ているか寝ていないかの差だ。1.5の倍数を睡眠時間にすれば身体にとってはいいという研究結果があるらしい。


しかし、そうなると


1.5H、3H、4.5H、6H、7.5H


ここら辺が選択肢になる。
こんな正確に睡眠時間調整できたら苦労しねーー!と声を大にして言いたい。


職業柄、ここ数年長時間睡眠ができない体になった。
緊急で叩き起こされることもあるので落ち着かないのだ。2〜3時間に一回は起きてしまう。
だから起きたらもう夕方になってた、みたいな人の話を聞くと衝撃をうける。
どうやってもそんな長時間の睡眠は不可能になってしまった。昔はできたのに。


他職種の友人に話すと、かわいそうな人に思われるが、これはこれでメリットはある。
眠りたい訳ではないのに寝れない訳ではなく、身体が短時間睡眠で回復するような体質に改善された。ショートスリーパーというのだろうか。


さらに、病院では毛布なしで椅子の上といった劣悪な環境で寝ることもあるので、おかげさまでどんな場所でも眠る特技ができた。


よく寝ても疲労が残ると言われる夜行バスでも、柔らかい椅子の背もたれがあるだけでも余裕の体力回復を見せる。


朝も早起きしている分、1日が長く感じられる。
ただ、当然と言えば当然だが1日の途中で前触れもなく電池が切れた様に活動性が落ちる。唯一のデメリットと言えるだろう。


学生の時から徹夜ができない人間で、就職の際夜勤に対して結構な不安をもっていた。


眠くならず仕事できるのか、果たして。。と。

結果的に余計な心配だった。


心配しても結果、余裕で眠くなった。


レッドブルやらブラックコーヒーやら飲んだところで変わらないのだ。眠る奴は眠る。


中高生は寝ないと成長ホルモンが出ないとかいう話があるが、真実はどうだろうか。
周りの友人みてもその話に当てはまらないやつは多い。誰でも希望どうりの身長になることができる薬でも発明されたらボロ儲けだろう。


そうなったら好みの異性の身長も170以上とか160以下とか曖昧な表現ではなくなるだろう。


「俺は黒髪ショートの157センチ女子がいいな!」
「私は178センチの細マッチョメンズかいい!」


1センチ単位で細かい差があるらしい。聞いたところによると。どーでもいいですよっ。


質の良い睡眠のとり方は色々ある。
それより良い夢を見る方法を編み出してほしい。
医療職についてから夢というものを片手で数えるほどしか見ていない。夢見る前におきてるからか。


昼間に夢を見ることのないようにシェスタを避けつつ今週を始めよう。


ではでは:)

ダイブできないと自由じゃないって縛られている方がかなり不自由なことだといつも思う。

夏が待ち遠しい今日この頃。
暑いのは嫌いだが、夏はロックフェスがある。
毎年ひたちなかで行われるメジャーなやつにいつも行っている。


フェスやスタンディングライブにいったことのある人は分かると思うが、観客席には柵が囲うように設置されておりそこにオーディエンスは敷き詰められるように入っていく。
真夏の中人口密度がとんでもないことになっているわけだ。


前方で好きなアーティストがより近くで見たいという人


後方でしっかりと音楽を聴きたい人


真ん中でモッシュやダイブをしたい人





こういったロックフェス、及びロックバンドのライブにおいて昔から結論の出ないとある論争がある。

それは

「ダイブ肯定派VSダイブ否定派」

の戦いだ。


ダイブというのは、ライブ中にサビや曲の盛り上がるタイミングでオーディエンスが集まっている人の海に飛び込み、その上を転がっていく行為である。


人の上を転がって何が楽しいのか、という人もいる。だが、これは実際にダイブをしてみないと分からない楽しみがある。

自分も一回だけダイブをしたことがある。
言葉にできない楽しさがあった。
何回も飛びたくなる気持ちがすごくわかった。

しかし、自分は日本人平均以上の大きい体格なのでそんな自分が上を転がると下の人に怪我をさせてしまうかも。。
と思い、その一回きりでダイブはしていない。

ダイブで人が頭の上に来ているときはもちろんアーティストは見れないし、音楽も聴きにくい状況になってしまう。
自分が楽しみたいためだけに、他の人の楽しみは奪ってはいけない。



肯定派と否定派の論争は大体こんな感じだ



肯定派
「ライブは自由に楽しむもの。自分がやりたいことをして何が悪いのか」


否定派
「アーティストを近くで見たいのにダイブしてくる人のせいで音楽に集中できない」

肯定派
「ダイブやモッシュはステージの前だけでしかやられてないんだから聴きたいなら安全なとこらに下がればいい」


否定派「私達がアーティストを近くで見たいっていう自由はあなた達のせいでなくなってしまうの?」


肯定派「あなた達の意見を聞いたらこっちの自由がなくなってしまう。自由にできなきゃ音楽じゃない」


こんな感じで堂々巡りをするわけだ。
これに関しては結論はでない。
水と油状態だから理解を得られることはないだろう。



個人的にはダイブは怪我人を生むリスクがあるのでやめてほしいところではある。


他人の踵が後頭部に思いっきり当たって意識消失した人を何人か見たことがある。
何度も自分が対応した。こういう時、医療職は強い。


怪我をしてしまったら楽しい思い出になるはずのライブが台無しになる。
それは怪我をさせてしまった方も同じだ。



といってもダイブをしたくなる気持ちも分かる。
だから、ダイブする人は



・飛んだら人の上に留まらないで素早く転がる。


たまに停滞している人がいるが自分頭に数十キロの重りがある状態はきつい。下の人のことも考えて早めに転がろう。


・貴金属等を体につけない。髪の長い女子は髪を束ねる。


転がっている最中に貴金属や髪が下のオーディエンスに巻き込まれたら大惨事になる。ダイブする際は身軽にしてお願いしたい。


さらにダイバーを受け止めるオーディエンスの人達にも大事なことなある。


・上に人が来たら、頭を下げ、腕を交差させて首の上に置く


文章にすると分かりにくいが、これをすることでダイバーからの接触ダメージはかなり軽減できる。その後、


・上に人が来たらしっかりステージ前方に押してあげる


たまにダイバーにイライラしてグーパンチをしている人を見たことがある。
気持ちは分からんでもないが、早めに前に流してあげよう。
上から人が来たからと避けてしまうとダイバーは見事に地面に叩きつけられるので避けずにみんなで支えてあげてほしい。



ちなみに根本的にダイブが禁止のフェスやライブもある。
ダイブが認可されてないところではやってはいけない。
退場になってしまう場合もある。

自分が1番イライラするのは、


ダイブ禁止のライブでラストの曲だから退場になってもいいという感じでダイブを敢行する輩だ。


ダイブできないと自由じゃないって縛られている方がかなり不自由なことだといつも思う。
決められたルールの中で楽しむこれが重要で基本なのだ。


何にせよフェスやライブは素晴らしい。
あんなにポジティブな感情が詰まっている空間は他にないと個人的に思っている。
夏が来るのが待ち遠しい。



ではでは:)

サッカーボールとは友達どころか絶交状態で生きてきた

唐突だが、みなさん運動しているだろうか?





自分は基本的にスポーツは好きであり、最早身体を動かさない日はないと思われる。





頭脳に行くべきだった能力値を運動神経に全振りしてしまったような脳筋人間だった分、体育の授業は好きだった。何せ輝けるのがそこしかない。
おかげさまで体育の評価はいつもトップクラスだった。他の科目については語る意味もないだろう。



バスケもバレーも水泳も野球もテニスもバドミントンもその他もろもろやったことがあるし、素人にしたらそこそこやる程度にはプレイできる。



ただ、サッカー。

てめーはダメだ。



足を巧みに使う技術は神様が与えてくれなかった。

日本中がワールドカップで盛り上がってる時ももちろんノリについていけない。過去に付き合いでパブリックビューイングなるもので飲みながら試合を見たときに



「なあ。ところでオフサイドって何だ?」



と真面目に質問してサッカー大好きな友人から説教されたことがある。腑に落ちない。
オフサイドが理解できるか否かがサッカー好きになるかどうかの分かれ道と聞いたことがある。
確か。多分。いや、きっと。


基本的に自分ができない競技はルールを覚える思考にならないようだ。


自分ができないだけで、サッカーファンの人達が嫌いな訳ではもちろんない。
サッカー日本代表が嫌いな訳ではもちろんない。
がんばってほしいとは思う。
朝のスポーツニュースで結果を知るくらいの関心度に落ち着くのだろうけど。


第一、日本代表の皆さんも選手の名前もオフサイドも知らないサッカー素人に応援されたくもないだろう。


こんな体たらくなので、なるべくサッカーボールとは友達どころか絶交状態で生きてきたのだが、学生時代は授業のため強制的にサッカーをやる。
その時のことは覚えている。


友人「ポジションどーする?」


自分「ポジションとかよくわかんないからベッカムがやってるところでいいや」


友人「んじゃ、右サイド?」


自分「そこって1番動かないやつ?」


友人「いや…GKとかならあまり動かないけど。。」


自分「んじゃ、そこで」


友人「え、ベッカムは、、」



友人の呆れ&困惑の表情は印象的だった。

ベッカムは当時サッカーに全く興味がない自分でも分かる知名度の選手だったなぁ。




そういえば、過去に熱狂的なファンの方々が渋谷のスクランブル交差点で痴漢行為を働いたとニュースになった時もあった。
騒ぐのは全然構わないがどさくさの火事場泥棒まがいなことはいけない。つくづく思う。



プロスポーツ全般において人に感動を与えるシーンは多いだろう。

想いは人それぞれだ。

過去に自分がやっていた競技なら、部活動時代の悔しい想い出がフラッシュバックしたり、選手に自分を重ねる人も多いのではないだろうか。

テレビの中で活躍する選手を見て、子供達は興味を示しその世界へ一歩足を踏み入れたりもする。
その一歩はオリンピックの金メダルへ続く一歩かもしれない。


東京五輪のことで未だにゴタゴタもめていることがあるようだが、子供達の夢を踏みにじる結果にならないことだけを祈るばかりだ。



さあさあ、今日もがんばるぞい。


ではでは。

「お客様の中に医師か看護師の方はいらっしゃいませんか?」

ゴールデンウィークにさよならを告げたはずなのにまだ現実を受け入れられていない人も多いことだろう。大型連休の様な行楽シーズンだと電車の遅延とかは結構大きな問題になったりもする。


ああいうシステムの不具合が起こると昔は


係員の奴らは何やってんだよ。。


とぶつくさ文句をいっていたが、
最近は


いろんな人が裏で奔走しているんだろうなぁ。。
お疲れ様です。。


とか考える。
JR関係の方々お疲れ様です。




たまにドラマとかマンガで見る、公共交通機関での病人の対応について。


「お客様の中に医師か看護師の方はいらっしゃいませんか?」


割と街中での事故に遭遇することが多い自分なのだが、上記の定型文を聞いたことは人生で1回だけだ。



ちなみに、アメリカだとこういうパターンの時、医者とか看護師はあえて出て行かないそうだ。

訴訟起こすのが大好きなお国なので、その時の対応について落ち度がなかったか細かく聞かれ、何かミスがあれば厳しく弾糾されるらしい。そんな厄介を被るなら名乗り出ていかないのもわかる気がする。

ちょっと前にスタバの氷の量にいちゃもんつけて裁判になったというから本当面白い国だ。



日本でもAEDを使った場合は警察から事情聴取をされる。どんな状況でどういった判断の元で使用したのかを問われる。
特に裁判沙汰になったりはしない。


しかし、こういった緊急事態に出ていける人は中々いない。
自分は行けるからすごい、という話ではない。
人の目があるし多少の勇気がいる。
AEDを使うにも人前で他人を上半身半裸に近い状態にさせなければいけない。若い女性が患者だった場合少し躊躇してしまうだろう。


自分の様に知識・技術があれば出て行くことに大きな抵抗はないかもしれない。
だが、一般人でも出てきてくれる人はいる。

「何をすればいいですか?」

と一声かけられるのは大きい。

野次馬が多い中、手が必要なのに誰も手伝ってくれない状況があったらこうするといい。

誰でもいいから指を差して使命するのだ。
そして、「◯◯してください」と具体的な指示を出す。

「誰か◯◯してください」

と言うと、誰かがやるだろう、とか、やっていることが重複したりと効率が悪くなる。

一刻を争う場面もあるので、自分はこの方法をよく使う。

社会的責任感が強い中年男性を使命できればベストだ。彼らは予想以上に動いてくれる。

緊急時は誰でも関係なく協力し合える人間でありたいものだ。


さて。ゴールデンウィークが終了した今、祝日はもう7月までない。その事実現実に負けないように今日も頑張ろう。


ではでは:)

必要とされてるのは人間ではなく資格なのだ。

休日出勤という素晴らしい言葉と共に活動を始めている。


一般職の休日出勤と病院の休日出勤はニュアンスが少し違ってくる。
医師は患者の状態悪化や緊急オペ、看護師の場合は人員配置の施設基準というものが原因で出勤しないといけない場合もある。
人員配置というのは


「患者○人に対して看護師は◯人いなければいけない」


というルールだ。聞いたところによると大体患者7人に対して看護師1人が基本らしい。
夜勤になると10人以上を1人でみるとのこと。
ICU、いわゆる集中治療室は患者2人に対して看護師は1人だ。
数にかなり差がある様に見えるが、その差はケアの多さ、濃厚治療の差だと思って欲しい。



この人員配置というルールが昔から疑問なのだ。もちろん安全に患者を管理していくという上で大切であることはもちろん理解をした上でだ。



例えば1人で30人をマネジメントできる看護師がいてもシフト的にはもちろん1人分にしかならない。逆に1人も管理できない看護師でも1人分に成り得るのだ。

まさにいるだけでもいい存在。
それでも給料は発生する。


優秀なスタッフとただそこにいただけもしくは雑務をやってスタッフとの給料は経験数が変わらない限りは基本的に変化はない。


不思議な話だ。
同じランクのスタッフ同士で労働量が給与に反映されない。
一般職でも多い話なのだろうか。
他を経験したことないから比較はできないが、確実に違うと言えるのは、看護師の場合、仕事がどんなにできなくてもよっぽどのことが無ければ病院から解雇される、いわばリストラはない。


看護師という人材は医療の現場ではどこでも不足している。本音を言えば必要とされてるのは人間ではなく資格なのだ。

まるで握手券のオマケにCD売ってるどっかのグループの様だ。



年度初めは特に人がいない(退職者はいるが新卒の部署配属までは時間差があるため)
管理者はスタッフが病欠にならないように躍起になる。インフルエンザや感染性胃腸炎マイコプラズマ肺炎などなど患者と接触を許されない病気はたくさんある。
ま、ルールにはもちろん抜け道というのが存在するものなのでそこら辺を管理者は上手くやっているらしい。


だれか1人が欠けただけで仕事が回らない組織はダメ


と何処かで聞いたことがある。
言い分は分かるが


その人の代わりはいくらでもいるからいなくなっても大丈夫


という組織も味気ない。


ちょうどいいラインというのは見極めが難しい。


とりあえず、自分の仕事を終わらせて休日モードに入ろうとしよう。スタバに行きたい。ラーメン食いたい。ニンニクヤサイアブラカラメ


ではでは。

ただの塩水を点滴されてるのだけなのに元気になった!と思い込む人が多いからプラセボ効果というのはバカにできない。

久々にロードバイクで出かけた。
海にはもう夏が来てきた。


言うてもそんなにロードバイクガチ勢ではないので、世の人がイメージするようなぴっちりとしたレーシングスタイルでロードには乗らない。
普通のトレーニングウェアだ。
シューズもビンディングシューズではなくランニングシューズ。

それらを装備しなくても充分ロードバイクは楽しめる。マックスで時速50kmは越える。

スリル感というかなんというか。
あの時のテンションは形容しがたい。



弱虫な妖怪ペダル回しが出るアニメが流行った時はロードバイク需要が爆発的にのびた。


一昔前に軽音楽部ゆるふわ系女子のアニメが流行った時は楽器がバカみたいに売れたらしい。
左利き用ベースなんて本来の何倍もの売り上げだったらしい。


今はバイク女子のアニメがきてるのだろうか。
よく分からないが。


アニメによる経済効果の大きさを世の中の偉い人は考えたほうがいいと思う。






こう夏日が続くと、地球温暖化だなぁーとかノーシンクで発言してしまう。

日焼け止めや日傘は最近では男性も使用するアイテムらしい。日焼け止めはともかく日傘は使おうと思わない。
日傘の圧倒的効果を知りながら使うのを躊躇ってしまうのはジェンダーステレオタイプというやつだろうか。




そろそろ熱中症で運ばれてくる人が増えてくる時期だ。

みんなポカリスエットを飲もう。
アクエリアスでもいい。
ベストドリンクはOS-1であることは前に書いた。少し高いのがネックだ。

しかし、病院で無駄に行われる点滴を受けるよりこれ飲んだ方が大分リーズナブルだ。

ただの塩水を点滴されてるのだけなのに元気になった!と思い込む人が多いからプラセボ効果というのはバカにできない。
降圧薬だと嘘を言って、ただのラムネを食べさせても血圧が下がるから人体の不思議だ。

そう考えると病院で行われる無駄治療の多いこと多いこと。





世の中の気温上昇に伴い、人々の露出は増えていく。セクシーな女性が増えることに関しては喜び以外の感情はない。

なんならもう海に行きたい。

花火もみたい。

BBQもしたい。

やっぱり冬より夏が好きだ。

夏には毎年色んな思い出がある。

いい思い出から苦い思い出まで。


とりあえず、夏に向けて身体を絞りつつやっていこうと思う。
汗っかきの自分には厳しい季節だが痩せやくもあるので前向きに捉えようと思う。


ではでは:)