gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

医療

道端で1人で泣いている子に男性は声をかけにくい何とも世知辛い世の中

この前、入院している患児(小学生)と色々話した。 「今学校では何流行ってんの?」 を皮切りに他愛もないトークに花を咲かせていた。 職場に子供がいる、という状況は実際問題中々稀有なシチュエーションだ。 彼らは可愛いく愛らしいだけでなく、驚異の生命…

知らないのなら学ぶ、調べる、聞いてみる。小学生だってやっていることである。

仕事の話。 どんな仕事をするにしても1つの組織だけで動いて利益を出すということは少ないのではないと思う。 ということは、もちろん何かしら応対してくれる相手がいる。何回か取引をするうちに信頼関係を築き、互いにとってウィンウィンの関係を持てると…

医療職が他の職種比べて給与が高いのはやはり「人の命に関わるから」

早く給料日にならないかな。。。 そんな感じでソワソワし始める時期がきた。 いくつになっても給料日は嬉しいものだ。 大学病院には基本給がそこまで高くなくてもボーナスを高くすることでスタッフを納得させているところもある。 「うちの病院、他のところ…

レッドブル飲まないと仕事やっていけない!

疲労が溜まって仕事をしたくない… そんな時、エナジードリンクを飲むという人は多いのではなかろうか。 エナジードリンクといえば… レッドブル、モンスターエナジー、ロックスター、バーン、ライジンなどなど。。その他にも数多くのエナジードリンクが存在し…

世の中にはストレスを溜める要素が満ち溢れている

ゴールデンウィーク後の五月病もそろそろ終わりを迎えている。と思っているのは自分だけだろうか。仕事中のイライラがみなさん溜まってはいないだろうか。 悩んでいる時間がもったいないから基本的にストレスは溜め込まない人間なのだが、それでもイライラす…

クオリティの高い看護師が多くいる病院

友人からよく聞かれること。 「良い病院ってどこ?」 職業柄自分に聞きたくなる気持ちもわかる。 良い病院の定義が実に曖昧ではあるが、医療職である自分が思う良い病院とはどんなところか。 それは。。 「クオリティの高い看護師が多くいる病院」 あくまで…

開胸術や開腹術といった手術が人体に与えるダメージは熊から一撃食らうのと変わらない

今日のスタバ。 逗子方面にある店舗。 逗子には駅にもう1店舗ある。ロードバイクで海沿いを走っている人達が休憩している姿が多く見られた。 店舗は自体は広くないが店員さんの良い対応が印象的であった。 そこのスタバでとある人達が13日の金曜日について話…

そもそも簡単に体型が変えられると思っている辺りに甘えがありありなのである。

寒暖の差が激しい今日この頃だが、気温が高い分、汗をかきやすく体重を落としやすい。水分が抜けているだけなのですぐ戻るが。 体重コントロールしている最近の自分からしたら油断してしまう時期でもある。 体重は1か月で最高10kgくらい落としたことがある。…

マイナーな略語を使われた時に知ったふりをするか、コソコソ調べるか、「それ何の意味ですか?」と堂々と聞けるかは人間性が大分影響する事案だ。

最近担当患者に糖尿病の人が多い。 不規則な生活 とまらないスィーツ どうも、糖尿病予備軍です。 (今流行りの人風に) ちなみに、糖尿病は病院で使われてる略語で 「DM」 と呼ばれている。Diabetes Mellitus (甘い尿が止めどなく出るの意味) この単語の頭文…

レッドブルやらブラックコーヒーやら飲んだところで変わらないのだ。眠る奴は眠る。

ゴールデンウィークが完全終了し、7月まで祝日はない現実。既に力つきてる人もいるのではないだろうか。 休み生活が続くと早起きがの習慣が消えていく傾向にある。早起きできても日中眠くなる人は多いのではないだろうか。休みでなくても眠いという人はがん…

「お客様の中に医師か看護師の方はいらっしゃいませんか?」

ゴールデンウィークにさよならを告げたはずなのにまだ現実を受け入れられていない人も多いことだろう。大型連休の様な行楽シーズンだと電車の遅延とかは結構大きな問題になったりもする。 ああいうシステムの不具合が起こると昔は 係員の奴らは何やってんだ…

必要とされてるのは人間ではなく資格なのだ。

休日出勤という素晴らしい言葉と共に活動を始めている。 一般職の休日出勤と病院の休日出勤はニュアンスが少し違ってくる。 医師は患者の状態悪化や緊急オペ、看護師の場合は人員配置の施設基準というものが原因で出勤しないといけない場合もある。 人員配置…

ただの塩水を点滴されてるのだけなのに元気になった!と思い込む人が多いからプラセボ効果というのはバカにできない。

久々にロードバイクで出かけた。 海にはもう夏が来てきた。 言うてもそんなにロードバイクガチ勢ではないので、世の人がイメージするようなぴっちりとしたレーシングスタイルでロードには乗らない。 普通のトレーニングウェアだ。 シューズもビンディングシ…

「私、平熱低いから36℃後半でも熱ある方なんだよね」

気温はそこまで高くないのだが、暑い日が続く。 アメリカに行ったことがあるが、あの暑さの感じなら全然いい。カラッとしている。 「カラッとした暑さ」という表現をよく聞くが カラッとって何だよ、分かりにくいよ といつも思っていた。 が、実際に行ったら…

「あなたが怠惰に過ごした今日は、昨日亡くなった人が何としてでも欲しかった今日」

先日、とある駅で人が倒れたのかAEDを持って奔走する駅員さんを見た。追ってみると予報通り人が倒れていた。初期対応に入ろうと思ったこだが、既に救急隊も到着していたため余計な手出しはしなかった。 無事に救命されたことを祈る。 人が倒れる原因は様々あ…

100%できると言われたら逆に不信感が募る。カビキラーさんだって除菌できるカビは99.9%なのだ。

夏がフライングしてきたような暑さを段々と皮膚全体で感じるのは日中だけで、夜はそこそこ寒いからこの時期は服選びに無駄な労力を使う。 加えて、満員電車に乗ると人の発する放散熱のうっとおしさを再認識する。 とは言っても移動時間はそこまで長くないの…

あの時の無駄にクオリティの高い味噌汁の味は忘れないだろう。

4月の花見and新歓シーズンも終わり、新社会人は慣れない上司との酒の席を無事にやり過ごしただろうか。やり過ごせなかった人がいたら一言伝えよう。 どんまい。 お酒。 誰でも一度くらいはこれにまうわる失敗エピソードはあるのではないだろうか。 かくいう…

"大食いのガリはいるけど、少食のデブはいない"

四月も気づいたら終わりが近づいている。 こんな感じであっという間に夏が来るのだろう、と思ってしまう。 夏といえば、、 みなさんは山派だろうか。海派だろうか。 山といえば一昔前に山ガールというワードが流行った。今もあるかもしれないが。 海ガールっ…

タバコはハイリスクノーリターンである

昨日に引き続き、タバコの話を書いてみる。 タバコを吸えるエリアというのはどんどん狭くなってきており、今後は居酒屋でも吸えなくなるとか何とか。 一昔前は電車内で吸えていたという事実を今の子供達に言っても信じてはもらえないだろう。 自分が大好きス…

水が欲しくて欲しくてしょうがない、そんな時に手の届く範囲にポカリがあったらどうする?飲みたいだろ?でも、それを禁止されてる。そんな時の気分

「最近、喫煙者の肩身がどんどん狭くなっている」 こんな話を居酒屋で耳にした。 皆さんはタバコ吸ったことがあるだろうか。 高校生くらいから吸っている人も実際問題珍しくないだろう。自分の実家は田舎だったこともあり(?)中学生くらいから周りが吸ってい…

"副作用が怖くて薬を飲まないのは、フラれるのが怖いから告白しないのと一緒"

昨日に引き続き内服薬の話。 当たり前だが、薬はどんな疾患においても大切である。 その中でも特に精神疾患においてはなくてはならない存在だ。 世間一般的に統合失調症などの精神疾患に対して使われる薬剤はあまり良い印象を持たれていないのではなかろうか…

「さっさと死ぬんだ」「1人で死ぬだけなんだから迷惑かけないだろ」とか言う人は大抵さっさと死ねないし、亡くなった後に迷惑をかける。

担当患者に対して医療職がやることには医療行為だけでなく、日常生活指導もある。 糖尿病や腎臓疾患がある人にやる食事指導なんかも有名だろう。 服薬指導という名目で薬の飲み方について説明することもある。認知症の人などは個人管理が難しい場合、家族に…

少し高いティッシュのありがたみをやたら感じている今日この頃。

鼻水が止まらない。 花粉症なのか? いや、ただの風邪であると信じたい。 少し前の記事でも書いたが、リスク因子はかなり持ち合わせているのでいつ発症してもおかしくはない。 痒みなどは一切ないがとにかく鼻水がすごい。 とにかく鼻をかみまくっている。 …

理学療法士ってイケメンandかわいい子多くね?

昨日リハビリのスタッフについて書いたのだが、昔から思っていたことがある。 理学療法士ってイケメンandかわいい子多くね? そんなことねーよ、と思う人いるかもだが、自分の周りの理学療法士、PTさん達は総じて美男美女だ。 若い人は← 理学療法士同士のカ…

何か格言っぽかったのでしばらく信じていた時期もあったのだが、結果として友人もよく分かっていなかった

病院には医師、看護師だけでなく様々な職種の人達がいる。それについて昔書いた記事もある。 あえて名付けるならメディカルカースト - 日々はあけぼの読者が1人2人時代の記事なので暇な人は読んで見てほしい。 この記事の中に出てくるPT、OTというワードを聞…

「両目を取り外して水で丸洗いしたい感じ」と言っていたのがやたら印象的だった。

花粉に悩まされる季節が到来している。花粉症の人にとっては憂鬱な期間が始まったと言えるだろう。 溢れる涙止まらない鼻水痒みが留まるところを知らない眼球 劇的な治療法がないというのがまた厄介なポイントでもあるだろう。 かく言う自分は花粉症ではない…

のび太とジャイアンは精神医学的にみたら2人ともADHDである。

昨日の続きになるのだが、 精神疾患と言われて何を連想するだろうか。 統合失調症やうつ病は有名なところかもしれない。ADHDやアスペルガー症候群も聞いたことがある人は多いと思う。 世の中には診断を受けていないだけで、実際にこの疾患にかかっているとい…

世間の報道のせいで精神患者は"犯罪者予備軍"みたいに考えてる人は多い。大きな間違いだ。

先日、とある勉強会に参加した。テーマは精神疾患の患者についてだ。 精神疾患患者はここ数年で数が増えてきている傾向にあるのだが、国の政策で入院病床が削られる方向にある。長期入院が許されなくなってくると思われ、在宅医療に少しずつシフトしていくら…

どの様に解釈しようと最終的にアルコールは体にとっては毒である。

1ヶ月ぶりに飲酒をしたのだが、アルコールの耐性が衝撃的なまでに低下していた。 元々大食いの自分。 アルコールと一気に投入された食材達は胃袋の中でちゃんぽんされまくり自分の意識を遠のかせた。 ま、寝落ちしただけの話なのだが。 どの様に解釈しようと…

人間は思い込みの生き物である。「病は気から」はあながち嘘ではない。

病院で働いている医療職あるあるだと思うのだが、たまに会った親戚とかから 「身体の悪いところ見てくれ!」 と言われる。 触れて見て聴いてみて という診療の基本三原則みたいなものはあるが、なかなかそれだけで原因特定は難しい。 あと、これは最早悪い癖…