gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

気の合うやつに出会えるかそうでないかは最早運ゲーである

学生の時に出会い、社会人になってからも交流のある友人がみなさんには何人いるだろうか。 友達100人できるかな?という歌詞のある歌はあまり好きではないが、高校生の頃は特にそんな感じのテンションで色んな人と友達だった。 友達のハードルが低かったせい…

トレーニングで第一に重要なのは負荷を上げることではなく、継続することなのだから。

昨日体重のことについて引き続き。 ダイエッターの大敵、リバウンドという現象。 「2キロ落ちたのに3キロ増えちゃった…」 という経験。ダイエットにチャレンジした人はあるのではないだろうか。 消費カロリーを抑えるだけのダイエットをしていたらそうなるの…

"大食いのガリはいるけど、少食のデブはいない"

四月も気づいたら終わりが近づいている。 こんな感じであっという間に夏が来るのだろう、と思ってしまう。 夏といえば、、 みなさんは山派だろうか。海派だろうか。 山といえば一昔前に山ガールというワードが流行った。今もあるかもしれないが。 海ガールっ…

「お客様は神様だ」自分はこの言葉が割と嫌いだ。

久々の今日のスタバ。影の関係で暗い。 錦糸町駅北口ある店舗。 一階には席はほとんどなく、二階がメインになっている。そんなに広くない面積にも1人用ペア用ノマド用の席がそれぞれ配置されておりいい感じなのだが、いかんせん人が多すぎる。 休日の混み具…

体重を作れなかったら試合ができないんじゃないの?

先日珍しくゴールデンタイムでボクシング世界戦の中継があった。大森将平、井岡一翔という選手が初世界挑戦と5度目の防衛戦といことで試合に臨んだ。どちらも自宅にてビール片手に観戦したのだが、悔しさしか残らなかった。 大森選手は一度負けた選手へのリ…

タバコはハイリスクノーリターンである

昨日に引き続き、タバコの話を書いてみる。 タバコを吸えるエリアというのはどんどん狭くなってきており、今後は居酒屋でも吸えなくなるとか何とか。 一昔前は電車内で吸えていたという事実を今の子供達に言っても信じてはもらえないだろう。 自分が大好きス…

水が欲しくて欲しくてしょうがない、そんな時に手の届く範囲にポカリがあったらどうする?飲みたいだろ?でも、それを禁止されてる。そんな時の気分

「最近、喫煙者の肩身がどんどん狭くなっている」 こんな話を居酒屋で耳にした。 皆さんはタバコ吸ったことがあるだろうか。 高校生くらいから吸っている人も実際問題珍しくないだろう。自分の実家は田舎だったこともあり(?)中学生くらいから周りが吸ってい…

誰かの利益は誰かの不利益となって世の中のバランスは整えられているのだなぁ

大分日が長くなってきた今日この頃。幼き日の自分は 「友達と遊べる時間がふえる!」 なんていう純粋な気持ちを持っていた。 田舎だったので暗くなったら屋外での遊びは強制終了なのだ。(外灯が少なすぎて物理的に無理)日が長くなったとか言っておいてあれだ…

読んでくださっている皆様本当にありがとうございます。

この記事でこのブログは始めてから1年がたった。 多分365個の記事があるはず。 これが366個目。 読者0人から75人。 PVは毎日50を超える程度だが、それを下回る日は無くなった。トータルでも2万は超えているが相変わらずの弱小感。 しかし、過去に何方かの記…

「私よくA型に間違われるB型なんだ〜」

人生で誰しも一度はしたことあるんじゃないかというトークテーマ。 「私の血液型何だと思う?」 A、B、O、AB 選択肢は4つ。 ここで自分のいう選択肢は決まっている A型だ。 俗に几帳面にカテゴライズされる。 いや、こいつ絶対B型だろう…みたいな几帳面のカ…

「SはMに変われるけどMはMのままだ」

人生で誰しも一度はしたことあるんじゃないかというトークテーマ。 「S(サド)かM(マゾ)のどっち?」 その人のビジュアルや性格から各々勝手なイメージを形成して気ままに予測をする訳だが、たまにイメージと逆のことを言われると 「いやいやいやいや!!!」…

世の中に幾人といるPTA会長さん達は濡れ衣とも言ってもいいくらい不審な目を世間から浴びているに違いない。

最近話題のニュース。 元PTA会長の女児殺害。 これを聞いた時、どんな感情を皆さん持っただろうか? 子供を持つ親の身である方は怒りの感情を持つこともあるだろうし、何でこんなことをしたのか?という疑念も持つことだろう。 自分はシンプルに恐怖しか感じ…

金銭の貸し借りをしたことで、今までの対等の関係なら考えることもなかった余計な感情が会話の中で生まれてくる

お金のことで印象深い出来事が過去にあった。 こいつ何で週の頭からお金の話を唐突に始めてるんだ?と思った人は昨日、一昨日の記事を読んでいただきたい。 社会人になって1年目が終わりそうになる三月のことだった。 高校の仲良かった友人から連絡がきた。…

強い信念をあっさりと返させてしまうほどの魅力と影響力がお金にはある

昨日、お金について記事を軽く書いた。 お金は魅力的過ぎる、影響力が強すぎる という風に書いた。 そもそもこれはどういうことかというと、 例えば、専門職に就く様な人は専門学校や大学に行き、資格を取得しなければ就労すらできないパターンもある。努力…

お金で愛は買えないが、愛以外は買えるのだから。

「ツケ払い」 というシステムについて以前コマーシャルで見た。有名なZOZOTOWNが提供しているサービスだそうな。 2ヶ月後に料金まとめ払い。行きつけのお店でのみ可能な「ツケといて」というやつだ。 これを聞いて 「ありがたい!」 と思う人と 「これ意味あ…

お前が休んでいる時、俺は練習している。お前が寝ている時、俺は練習している。お前が練習している時、もちろん俺は練習している。

昨日の記事で 「フロイド・メイウェザー」 というボクサーの名前を出した。 49戦49勝。 無敗で5階級制覇を成し遂げたボクサーである。 2年前に無敗で引退した選手ではあるが、ボクシングをしたことがない人も名前を聞いたことがあるのではないだろうか。 世…

後悔のない引退なんて存在しないと自分は考えている。

浅田真央が引退。 日本中が驚いたのではなかろうか。 引退。 それはスポーツ選手にいつかは必ず訪れる日。 日本を代表するアスリートの1人である浅田真央の引退はやはり大きい。熱狂的なファンでない自分ですらこんな感覚なのだからファンは尚更ショックだろ…

まさに一期一会とはこのことだろう。

昨日のスタバでの出来事なのだが、 昨日の件が分からない人は1日前の記事を見てもらいたい。 それも面倒な人のために要約すると。。。 「スタバ入店、欧米人だらけ、日本人客は俺だけ」 こんな感じだ。 想像してみてほしい。テーブルに座る10人くらいの外国…

海外旅行をしている外国人にとって、日本のスタバはきっと安心感がかなりあるお店なのかもしれない。

今日のスタバ。原宿店。 つい最近リニューアルしたらしい。 狭い店内は原宿で買い物をして少し疲れた時の小休憩用といった感じ。長々とここで意識高い系三種の神器の1つMacBook Airを駆使してのノマドワークはやりにくいだろう。 この店舗に行った時。 店内…

存在し得るか分からないものを自分の中で強大なものにしてしまうのは良い行為とはいえない。

最近、「エゴサ」というワードを後輩から教えてもらった。エゴサーチ、略してエゴサというらしい。そんなことも知らなかったの?というお言葉は声帯の内側にとどめておいてもらいたい。インターネット上で自分の名前を検索してみる行為のことを言うらしいが…

何よりも第一優先で考えられるべきは老人ではなく、子供達であるべきだと。

自分くらいの年齢(30前半)になると当たり前だが、家庭を持つ友人が増えてくる。 つい先日も結婚報告を友人から受けた。 3ヶ月前に会った時は確か彼女もいなかったはずなのだが、彼に一体何が会ったのか… 自分に付き合っている人を隠していた可能性もあるが、…

気になる異性から連絡が来たら長い時間返信を放置したりはしないだろう。

Lineなどのトークアプリが世に出回ってから出現した言葉。「既読スルー」割とやってしまうという人は多いのではないだろうか。統計でも取ってほしい。 これが発生する原因としては 1.確認したけどシンプルに返信を忘れた 2.確認したけど、送り主に興味がない…

おっさん達はボランティア活動の後、寄付までして帰る

四月第2週も後半戦。 桜は今週末には散ってしまうらしい。 花見はみなさん既に済ませただろうか。 今年は日本全国での開花の順番が結構ごちゃごちゃになっていたらしい。 鹿児島が中々咲かなかったとか。 毎年上野恩賜公園で花見を敢行していた自分なのだが…

人間性も売り込みポイントになるのだと改めて実感させられた。

三月四月と転勤や異動が多いこのシーズン。 引越業者は大分稼ぎ時であると思う。 引越業者の値段設定は会社によってほんとに様々。 3社くらいに電話してかけた時は A社 12万B社 6万C社 3万 このくらいの差があった。 実際に引越をお願いしたのは安いC社 …と…

Netflix野武士のグルメお題「ドラマ野武士のグルメの感想」

今日のスタバ。アイマークプレイス店。 この近所にTSUTAYAとセットになってるでかいスタバがある。存在感ゼロでひっそりとあるもんだから全然気づかなかった。 隠れ家の雰囲気に満ち溢れている。 企業側からしたらそんなことは皆無だろうけども。 Netflix野…

アジカンと同時期にデビューして解散していったバンドが果たしてどのくらいあるのか。

ASIAN KUNG-FU GENERATION、通称アジカンの20周年記念トリビュートアルバムが発売された。 様々なバンドがそれぞれのカバーアレンジでアジカンの曲を再現している。この写真でどこのタワレコかが分かった人は中々の猛者である。 自分は昔からのアジカンファ…

嘘から出た真とはまさにこれである。

完全に時期を逃したが、4/1はエイプリルフールであった。みなさん、どんな嘘をついただろうか。 ちなみにエイプリルフールで嘘をついていいのは午前中だけである。というのはイギリスから始まった話らしい。 その午前中だけ嘘をついていいという嘘も嘘らしい…

"副作用が怖くて薬を飲まないのは、フラれるのが怖いから告白しないのと一緒"

昨日に引き続き内服薬の話。 当たり前だが、薬はどんな疾患においても大切である。 その中でも特に精神疾患においてはなくてはならない存在だ。 世間一般的に統合失調症などの精神疾患に対して使われる薬剤はあまり良い印象を持たれていないのではなかろうか…

「さっさと死ぬんだ」「1人で死ぬだけなんだから迷惑かけないだろ」とか言う人は大抵さっさと死ねないし、亡くなった後に迷惑をかける。

担当患者に対して医療職がやることには医療行為だけでなく、日常生活指導もある。 糖尿病や腎臓疾患がある人にやる食事指導なんかも有名だろう。 服薬指導という名目で薬の飲み方について説明することもある。認知症の人などは個人管理が難しい場合、家族に…

・動画投稿する→反省してるのか!?自粛しろ!・動画投稿休む→逃げてんじゃねぇ!!こういう流れが確実に生まれる今の日本は本当ダメだ。

そういえば、ちょっと前に大物YouTuberのはじめしゃちょーさんが三股問題でニュースになっていた。 ちなみに、自分は暇な時にYouTubeは割とみる。 漫画やバラエティ番組と同じ、娯楽のポジションとして位置している。 他にも水溜りボンドさんとかも割と見る…

砂場で遭難するとはこういうことなのだろうか(大げさ)

今日のスタバ。五反田西口方面にある店舗。 一階二階ともに多くの席がある。 何より二階にある円卓円状のソファはかなり珍しい。 有りそうでない。 これなら大人数で集まっても問題ない。 1人用の座り心地のよいソファもあり、かなり高評価である。もちろん…

「スタバはなくてもすなばがある」

今日のスタバ。 鳥取駅から徒歩3分くらいのところにある店舗。 鳥取駅内にもあるらしいのだが、それは見つけられなかった。 店内はかなり広くオシャレな内装でドライブスルーにも対応。可愛い店員さんが多かった。 鳥取といえば日本で1番最後にスタバができ…

シンプルに世界平和的なことを書いている人もいれば、好きなアイドルの健康を祈願していたり、年末に解散した五人組の国民的アイドルの復活を祈っていたり。

今日のスタバ。 出雲大社前にある店舗。 「二階から社が見えるんですよ(^^)」 と可愛い店員さんから勧められて二階席に行った。 見えるんだけど…思ったより…といった感想。 二階席は広く、参拝前にみんなでゆっくりするのも良しな良い雰囲気のスタバであった…

彼女や友達、家族よりも何なら一緒にいるスマホ。

スタバに置いてあったスマホスタンド。 なるほど!とか思ったけども冷静に考えたら超いらない。 スマホがこんなに世の中に普及するなんてiPhoneが出た当時は誰もが思いもしなかったことだろう。 電車に乗り、周りを見れば95%くらいの人がスマホを見ている。…

「男女平等っていうのは要するに女性を優遇することだよ」

昨日、男性保育士のことをちょろっと書いたのだが身近にも不憫な環境にいる男性達を見つけた。病院内にいる不憫な男性コミュニティといったら 「男性看護師」である。 各部署に大体1人〜2人しかおらず基本的に女性の中に埋もれて仕事をしている。 精神科とか…

目先の利益だけを取りに行った結果大損をこくという典型的なパターンである

先日、ニュースでとある認可こども園の問題について報道されているのを見た。 子供に提供する給食が恐ろしく少なかったり、余ったものを冷凍して使いまわしていたり 保育士を裏契約で退職させないようにしていただけでなく、人数を水増しして申請して不正に…

「募金をする人間は良い人だ」という考察ゼロ感に満ち溢れている考えが嫌い。

アップル社が赤いiPhone7とPlusを発売するらしい。 元々、赤いカラーリングのiPod nanoをApple Store限定で購入できた過去がある。ヘッドホンもあったかな。これまた同じくエイズ予防基金にあてられるそうな。 流行りものが好きな人種がコレクション代わりに…

少し高いティッシュのありがたみをやたら感じている今日この頃。

鼻水が止まらない。 花粉症なのか? いや、ただの風邪であると信じたい。 少し前の記事でも書いたが、リスク因子はかなり持ち合わせているのでいつ発症してもおかしくはない。 痒みなどは一切ないがとにかく鼻水がすごい。 とにかく鼻をかみまくっている。 …

「酒は飲んでも飲まれるな」は格言名言に間違いないのだがこれを多用する奴は大体酒に飲まれている。

そういえば三連休だった先週。 しっかり休めただろうか?ヤスミ?ナニソレオイシイノ?状態であった人も少なくはないはず。 お疲れ様でございます。 ここ最近かなりあったかくなってきている。 場所によっては桜も開花しているのではなかろうか。 一応オフィ…

理学療法士ってイケメンandかわいい子多くね?

昨日リハビリのスタッフについて書いたのだが、昔から思っていたことがある。 理学療法士ってイケメンandかわいい子多くね? そんなことねーよ、と思う人いるかもだが、自分の周りの理学療法士、PTさん達は総じて美男美女だ。 若い人は← 理学療法士同士のカ…

何か格言っぽかったのでしばらく信じていた時期もあったのだが、結果として友人もよく分かっていなかった

病院には医師、看護師だけでなく様々な職種の人達がいる。それについて昔書いた記事もある。 あえて名付けるならメディカルカースト - 日々はあけぼの読者が1人2人時代の記事なので暇な人は読んで見てほしい。 この記事の中に出てくるPT、OTというワードを聞…

・暗闇を抜けたら晴れた光、爽やかな朝が自分を待っていたんだよ的なありがちなストーリーを書いたパターン

最近続く音楽ネタ。 昨日は作曲についてだったが、今回は作詞について。 作詞をしたことがある人は全人類の何%くらいなのだろうか。ま、作詞でなくてもポエムを書いたことがあるという条件にするとかなり比率は上がるかもしれない。人には見せれない青春ポエ…

作曲できないけど作詞はできるよ!といって歌詞だけを自分に持って来るやつがいた。ありがた迷惑ここに極まれり。

昨日一昨日とバンドの記事を書いたのだが、 音楽をやらない人からすると作曲ということはスゴい高難度なことだ、とイメージするのではないだろうか。自分も実際そうだったが、やってみるとそんなに難しくない。 今日書くことはあくまで個人の見解なので、も…

「できるかできないかじゃないんだよ、やるかやらないかなんだよ」

昨日の記事の続きになるので読んでない人は1日遡っていただきたい。 小学一年生の時は六年生が大人に見えるけど、自分がなってみるとそうでもなかったんだなぁと気づく症候群(長い - 日々はあけぼの タクローさん(仮)との出会いは新歓ライブだった。 他の先…

小学一年生の時は六年生が大人に見えるけど、自分がなってみるとそうでもなかったんだなぁと気づく症候群(長い

家の掃除をしていたら大学時代のサークルでバンドをしていたころの映像を収めたDVDを見つけた。 自分のバンド以外にも先輩バンドがたくさん出ている企画だった。懐かしくて少し観ていた。 ちなみに、バンドサークル時代のことは昔記事に書いたことがある。 …

「いつかやろう。。。」と考えている人は高確率でずっとやらない。ダイエットは明日から頑張る宣言と同じだ。

先日、友人達との飲み会でこんな話になった。 「絶対に譲れない異性のポイント」 その飲み会にはパートナーがいない男女飲みだったのでふとした流れでみんなで話した。 ・ガッキー並みの可愛さ、スタイルを持ち合わせていたとしてもメンヘラはマジで無理 と…

友達とツーショットを撮り、自分の顔だけアプリで盛りに盛りまくってSNSにアップしている系女子である。

少し旬がズレているが「snow」というアプリ。 小さい子からアラフィフまでと幅広い年齢の人達が使っている。今も流行っているのだろうか。 自撮りするとオートで写真をデコレーションしてくれる機能がついている。プリクラで写真を撮った感じでデカ目補正も…

特別お題「おもいでのケータイ」

今週もいつもの如くお題に乗っかっていくスタイル。 特別お題「おもいでのケータイ」 今まで自分が使った携帯電話を思い返してみる。 高校一年生から使い始めた。 ガラケーが5台、iPhoneが4台。 1番思い出に残っているのはどれかと思い返せば。。。 初めてス…

明日死んだっていい様に。今日を精一杯生きるのだ。

3/11。あの日から6年。あっという間だった。そうでない人もいるだろうか。過ぎ去ったものは期間に限らず早く感じるものだと誰かが言っていた気がする。 そういえば当時のことを書いた記事があった。 多分読者2人くらいしかいない時のものなので暇があったら…

「両目を取り外して水で丸洗いしたい感じ」と言っていたのがやたら印象的だった。

花粉に悩まされる季節が到来している。花粉症の人にとっては憂鬱な期間が始まったと言えるだろう。 溢れる涙止まらない鼻水痒みが留まるところを知らない眼球 劇的な治療法がないというのがまた厄介なポイントでもあるだろう。 かく言う自分は花粉症ではない…