gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

あえて名付けるならメディカルカースト

病院や医療のことを書くはずだったのに、気付いたらただのおじいちゃんの話で終わった前回。


「病院」といえば普通の人はどんなイメージなのだろうか。


医者が偉そう

看護師が可愛い(場合もある)

採血が怖い

薬の匂いがする


人それぞれだろうが、それぞれの場面で色んな職種の人達が働いている。
医者、看護師、薬剤師などは誰しもがイメージできるだろう。
他にもPT.OT.STといったリハビリ分野の人達。
臨床検査技師や医療事務から清掃員、看護助手。准看護師なんていうポジションもある。

予想以上の職種の集合体で病院は成り立っている。まさに1人1人が歯車そのもので誰かが欠けただけで適切な医療は提供されにくくなる。


さて、本題はその多くの職種で格付けするならどれが1番上なのか?という話だ。
スクールカーストという言葉を昔聞いた事があるので、あえて名付けるならメディカルカーストだろうか。

そもそもカースト制度というのはヒンドゥー教における身分制度
全体の40%、平民より上の上位カーストとその他の下位カーストに分けられる。
下位カーストの1番下は奴隷だと思っていたらさらにその下があるらしい。怖い怖い。


上位カースト頂点に来るのは医者に決まってるだろう、という意見はごもっともだ。
だが、同じ医者でも下位カーストに分類される場合もある。


それは、「研修医」だ。

バカ高い学費払い、国家試験を乗り越え資格を取り、晴れてドクターになるわけだが入職当初の扱いはひどいものだ。看護師やリハビリのスタッフは教育体制がしっかりしているが、医者はそうでもない場合が多い。百聞は一見にしかず、というスタイルなのだろうか。
何事もとにかくまずやらせている印象だ。


病院の中には、医者にしかできない手続き・PCでの事務作業というものが結構多い。
医者にしか出来ないということはもちろん医者なら誰でもいいのだ。
名誉教授でも新卒ペーペーの研修医でもやるのは誰でもいい。


基本的に患者の数に対して医者の数は少ない。
と、なるとスタッフは誰に雑務を頼むのか。


もちろん話かけやすいand頼んだら断らない断れない研修医だ。

業務が何なのかを分からないうちに看護師などから指導医がやらない雑務を頼まれ

ちょっと要領が悪いと

「今年のは使えない」

と第一印象のみで勝手に陰口を言われる。
かわいそうな話である。

大学病院だと色んな科を1〜2ヶ月でローテーションしていく場合もあるから環境の変化がめまぐるしい。
やっと仕事とスタッフに慣れてきたのに次の部署へ、という流れになる。

そんな研修医達も半年も経てば少しずつ適応してきて、業務を依頼してきた看護師に偉そうな態度を取る場合がある。

しかし、それはオススメはできない。

相手はメディカル上位カースト第2位に位置する看護師様だ。看護師コミュニティの情報伝達のスピードは半端ではない。
変にプライドを持って依頼された仕事をしなかったり悪い態度とると、今後ローテーションでいく先々に悪い噂のみが伝染していく。

「あの研修医は仕事しない」
「可愛いナースとだけ話してる」
「飲みに行ってもおごってくれない」

尾ひれはひれついてフィクションがノンフィクションの様な扱いになっていく。

看護師に言われたことには

はいorYes

で対応することが病院という社会で生きていくには大切なのだ。それを続けることで、医者の能力がたとえいまいちでもスタッフからは「親切ないい先生」と言われる。
だが、良い噂というのは悪い噂に比べて伝染力が弱い。ここに人間の本質が現れている気がする。残念無念である。


看護師は病院内でなぜあんなに権力があるのか?と考えることがよくある。看護師は業務上、病院のシステムに詳しくなるため他職種が知らないことも分かるというアドバンテージはあるが、まぁ、単純に数の多さだろう。1000人の看護師がいる病院もある。


自分は清掃員や看護助手にキッチリ挨拶をしている医療スタッフが本当に素敵だと思う。
そんなの当たり前だと言うかもしれないが、彼らはおそらくメディカルカースト最下層なのだ。彼らが挨拶してもシカトするスタッフの多いこと多いこと。彼らが仕事をしてくれるから自分達の業務が少なくなっていることを分かっていないのだろうか。いや、分かっていたけど忘れてしまったのだろう。

慣れで業務を覚えただけなのに、自分は仕事ができていると思い込んでいるヤツにそういう傾向がある。いやな話だ。

上下関係は別にあってもいい。
それも大事なことだ。
だが、どんなに偉くなっても何もできなかった最初の自分を忘れてはいけない。
初心忘れるべからず。それだけの話。
本質はどんな時もシンプルだ。


長くなりすぎた気がする。
加減がよく分からない。

なんにせよ今日を乗り切って平和に週末を迎えるとしよう。

ではでは。