gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

性同一性障害や同性愛者

スターバックス スタバ 医療 日記
f:id:gin1103:20160509153634j:image
今日のスタバ。
鎌倉江ノ島にある店舗。
ロードバイクでここら辺に行った時に使う。
フル装備のロードバイク乗りやフツーのバイク乗り達が使ってたり使ってなかったり。土日は混み合っている。


f:id:gin1103:20160509153943j:image


先日、愛機のBianchiに乗って横浜〜鎌倉〜江ノ島辺りに出かけた。本気のロードバイク乗り達に言わせるとビアンキはママチャリレベルと鼻で笑われたことがある。
特にレースに出るわけでもなくスピードを求めていないエンジョイ勢なので、何か貶めることを言われても気にしたことは一度もない。
いいと思ったものに乗ればいいのだ。




江ノ島辺りの海沿いを走ると本当に気持ちがいい。

海には一足先に夏が来ていた。

ビキニの似合う素敵な女性も多かった。

いいことだ。

メンズはどうでもいい。

水着だろうが、袴、柔道着でも特に興味はない。好きなものを着てくだされ。

ここで男に興味があったらそれはそれで多少問題が生じる。子孫繁栄的な意味で。



しかし、世の中には絶対数は多くないが確実に同性愛者がいる。

自分達が水着の女性を魅力的と思うのと同じように同性の人達を魅力的だと思うのだろうか。
どういう感覚なのだろう。




少し前に世界的に有名なボクサー、マニーパッキャオが同性愛者に対して差別的な発言をしたということで取り上げられていた。

この一件でパッキャオはナイキとのスポンサー契約を切られてしまった。本人にとっては大した痛手ではなかったと思うが。

その後のインタビューでも前言撤回はしないスタンスを貫いていた。




同性愛者の話に限らず、自分の価値観では理解できない領域というものは少なからず誰にでもある。理解できないから攻撃するような発言は良くない、と個人的に思う。

「意味わかんない」という感情を持っているのは相手も同じなのだ。そんな2人が分かり合える訳がない。
傾聴し反論しない。
これも1つの選択だ。




同性愛者の話とは少しズレるが、性同一性障害という疾患がある。

もちろん病院にくる患者にもそういう人はいる。

それが原因で院内で揉め事になることがある。

患者を激昂させたパターンを何度か見たことがある。







ここで問題になるのは患者の呼び方だ。


例えばの話をしよう。


山田太郎」という患者がいたとする。


その人を「山田さん」と呼ぶ時、その人の性別を判断することは第三者には困難だ。


だが「太郎さん」と呼んだ時、第三者の99%はその人を「男性」と認識するだろう。


もちろん「太郎」という名前を女性につけてはいけないというルールがある訳ではない。


だが、不文律というか暗黙のルールというか、少なくとも日本では


「太郎=男性」が一般常識になっている。


そんな状況でだ。


「太郎さん」と呼ばれて反応した人が女性だったとしたらどうだろうか。

少なくとも「あれ?」と疑問符が頭の上に出てくると思う。そして、好奇の視線は患者へと向けられる。

こういった扱いにウンザリしている性同一性障害の患者も世の中にもいる。名前を呼ばれるという行為に対して過剰な対応を取ってしまう。中には大声でケンカを始めてしまう人もいるほどだ。




それとは対称的に周りの目など気にしない、という人もいた。

自分が正しいと思っていれば周りはどうでもいい。

珍しいと思うなら見てもらっても構わない。

何も恥ずかしいことはないのだから。


こんな感じでハキハキハツラツと話していたのが印象的だった。





ちなみに、名前の呼び方含め対応に工夫が必要な患者に対しては院内にて電子カルテなどで情報共有している。
余計な問題を起こさないためにも大切だ。

一般企業にもあるだろうが、言い方悪くすれば対応注意のブラックリストというものもある。

あんまりひどいと、誓約書をもらった上で今後当院では治療はしないという契約をする人達もいる。

ま、そういったエラーを防ぐためのツールを駆使しても対人問題が起きてしまうところに人間は完璧ではないのだと思い知らされる。







性同一性障害や同性愛者。
様々な人がいてその数だけ意見や主張がある。

世の中の大多数の人が正しい、当たり前だと思っていることがそっくりそのまま人類全ての正解であるとは限らない。
少数派であるとはいえ反対の意見を持った人達は必ずいるのだ。

大切なのは広い視野を持つこと。

自分の意思を持つことはもちろん大事だが、いつでも第三者視点で俯瞰できる能力も大切だ。それらをうまく使い分け自己を高めていきたい。





なんて、言うだけ言っても実行が中々難しいものだ。
ただ難しいからやらない、ではお話にならない。少しでも最初の一歩を始めることから始めよう。


天気が悪い横浜だが、雨にもまけず今日も行こう。


ではでは。