gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

サンドバッグに嫌な上司の顔を思い浮かべて滅多打ちにする

f:id:gin1103:20160523175020j:image
今日のスタバ。
福岡空港にある店舗。
ハッキリ言おう。使っていないッ!
たまたま通りかかっただけ!以上!





久々にイライラしている。
そんな日もある。人間だもの。



悩んでいる時間がもったいないから基本的にストレスは溜め込まない人間なのだが、それでもイライラすることはある。


仕事だったり

友人関係だったり

恋愛についてだったり

世の中にはストレスを溜める要素が満ち溢れている。

つまり、溜め込まないのは難しい。

ならばどうするか。

溜め込んだものとの付き合い方を考える訳だ。


このような行動を

「ストレスコーピング」

という。

特別医療用語ではないので知っている人も多いだろう。
この中にも種類がある。


1:問題焦点コーピング

ストレスの元、ストレッサーに働きかけ、根元から変えてしまおうという対応方法。元が変わればストレスを感じることはない訳だ。



2:情動焦点コーピング

ストレッサーに対する考え方や感じ方を変えていこうという対応方法。元でなくて自分を変えるわけだ。


みなさんはどちらが多いだろうか。
自分は1が圧倒的に多い。
違う、おかしいと思ったら指摘していくタイプだからだ。変えた方が良いことがあれば積極的に言っていく。

しかし、1の方法でダメだった場合は大体2の方法に帰結するのだと思う。元が変わらなければ、自分が変わるしかない。


しかし、この方法は中々上手くいかないと思う。
皆が皆、自分をコントロールできる訳ではない。
というか、そんなにうまくコーピングできたらこんなストレス社会にはなっていない。



ま、だからこそ人に飲み会で愚痴を言ったり、スポーツで汗を流して発散するのだと思う。


昔自分がよくやっていたオススメの方法は、


サンドバッグに嫌な上司の顔を思い浮かべて滅多打ちにする


これに勝るストレスコーピングはないと自負している。
誰も傷つけない、且つトレーニングになる。
まさに一石二鳥なのだ。



他には美味しい料理を思いっきり食べるのも良いかもしれない。甘いものはいいぞ。

イライラした仕事帰りはスタバにいって甘い飲み物を頼み、可愛い店員さんに癒される。

ま、別にここでレジが男性の店員だったとしても気は落とさない。本当に。いやマジで。



方法は何であれ個人個人に適応したストレスコーピングは早く見つけるべきだ。
発散できず、溜め込んで労働力が落ちるようでは下の下である。悩む中で人は色々学び成長するとはいうが、悩んで終わってしまっている人が多いのも事実。そう上手いこと世の中は回らないものだなぁ。



昨日のことは早く忘れて今日を始めるとしよう。
夏日が続く。
みなさん、こまめな水分補給を心がけよう。


ではでは。