gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

日本人の心、お米

f:id:gin1103:20160524194449j:image
今日のスタバ。
大阪道頓堀にある店舗。
珍しく世間の休日とかぶった日に大阪に行ったものだから激混みも激混みで着席不可だった思い出。グリコが綾瀬はるかに代用されていた時期だった気がする。
f:id:gin1103:20160524194843j:image







グリコと言えば最近お菓子を食べていない。
というか、買っていない。

カロリーの割にお腹に溜まらないからだろうか。

砂糖の塊だから血糖値を上げるだけ上げて腹持ちが悪い。

コンビニでお腹がふくらむ系の成分のお菓子が入っていたりするが、それ食べるくらいならガムでもかんでいた方がいい。
満腹中枢がだいぶ刺激される。
経験談。




近頃、うちの部署にくる病院に重症患者は大体糖尿病を併発している。心臓や脳の血管が詰まる様な病気をもっている人は糖尿病のリスクも同時に高かったりする。

運動不足はもちろんだが、食生活がかなり重要だと思っている。


そんなの当たり前じゃん


という人は多いが、当たり前のことを分かっているくせに実行しない人が多いから糖尿病患者は増えるばかりだ。



ここ数十年で欧米の食文化が導入されるようになったが、結局食べるのは日本人。東洋人だ。
合わない食文化で身体にガタが来るのは当たり前の話かもしれない。


ならば日本人の心、お米を食べていればいいのか、といえばそうではない。
むしろ炭水化物はかなりのリスクファクターだ。





最近、糖尿病をもっている人にとある共通点があった。


・大食い(米が食べらればオカズはいらない)
・金銭的に貧しい状況


あくまで最近のうちでの統計であることを前置きしておく。


食事をたくさん食べたい、、

食費に大金をかけられない、、

でも満足したい、、

となったら肉や魚に比べて安価な米を消費する量が増えるのは自然な流れかもしれない。



「糖尿病」と言われて甘いものを食べなければそれでいいと思っている人は今でも少なくない。

過去に、塩分制限されているおじいちゃんが
「しょっぱいものはダメって言われたから甘いものを食べる」
といって饅頭を山ほど食べていたのを思い出した。
残念ながら甘いものには甘さを際立たせるためにしっかり塩分入っている。


こんなニュアンスで甘いものがダメだからといって味覚的に甘くはない炭水化物を食べすぎる患者が多い。

ジャムをつけないから〜

と言って食パン一斤食べてる糖尿病患者もいた。


ご存知の通り炭水化物は消化されて最終的にブドウ糖になる。字の通りもちろん糖分だ。
血糖値は余裕のよっちゃんで上がる。


血糖値を下げる力があるのは体内ではインスリンだけだ。
人が一生で出せるインスリン量というのは絶対数決まっているらしい。つまり、一生分出し切ってしまえば残念ながらその人は糖尿病になるわけだ。



糖尿病の何が悪いのかといえば、
有名な合併症として


網膜症、腎症、末梢神経障害がある。


簡単にいえば

視力が落ちる

からの〜失明

尿がでなくなる

からの〜透析

手足の傷の治りが悪くなる

からの〜壊死して四肢切断



どれもこれも厳しい結果だ。

これを聞くとバランスの悪い食事を取る気は無くなるのではないだろうか。



自分の好きなもの食べて好きなように死ぬから糖尿病なってもいいんだ〜


とかいう人はいるが、
そうなりたいなら尚更糖尿病は避けるべきだ。

自分の好きなものだけ食べていれば糖尿病になれるかもしれないが、間違いなく好きなようには死ねない。


第一、自分の好きなようにするから後悔しない〜

と言っている人はもれなく病気になってから後悔している。

これは経験上100%だ。

「病気になったのは自分のせいだからいいんだ」

なんて言っている人はいない。

「あの時、家族が言ってくれたのになんで治さなかったのかな〜あの時改めていれば。。」

みんな後悔の念に苛まれる。

しかし、何を言ったとしてもやはり当事者にならないと分からないのかもしれない。




自分もそうだ。


中学、高校の先生達が

「学生時代は今しか無いんだよ?」

そんなこと言われても

「そらそうだろ」

と冷めて返していた。

過ぎ去って初めて分かる。

あの数年の大切さと貴重さを。
どんなに大金を叩いても戻ってこない青春時代を。

あの時もっと頑張っておけば。。
と思うことがある人は多いのではないだろうか。


病気のこととは少しずれたかもだが、
未来に後悔するのは1番嫌なので今を、今日できることをやろうと思う。

今を頑張った人に明日が来るのである。

高校時代に戻った気分になりたい人は
「リライフ」という漫画を読んでみよう。
オススメである。 


さぁ、今日も暑いのかな。
室内だから関係ないけど!←


ではでは。