gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

頭の中がニンニクとパスタで炒められてるんですけど一体どーすればいいですか!?

f:id:gin1103:20160525143048j:image
今日のスタバ。
飯田橋駅の近く、神楽坂下にある店舗。
リザーブ店舗。
二階にソファもあるが、大人数で行くのには適さない。お一人様が多いイメージだ。大学が近いこともあり、学生はいつも多い。
雰囲気は悪くないが、たまにパーリーピーポーな学生達とエンカウントしてしまうと残念な展開になってしまう。


パーリーピーポーと言えば大学生のイメージだ。
高校まで地味だったのに大学に行って変わってしまった、俗に言う大学デビュー。
実際に実行する人は幾人いるのだろうか。
高校デビューでも中学デビューでも何でもいいのだが、環境が変わるということで新しい自分を出したい欲求が出るのだろうか。
いくら気取ったところで本当の自分ではない時点で遅かれ早かれいずれはバレる。
バレることは大して問題ではないと思う。
問題は自分をさらけ出した時に周りが離れていくかどうかということだろう。
さらけ出した結果、友達が誰もいなくなってしまったら。。。少し自分の性格を省みることも必要かもしれない。。。


よくコミュ障という言葉を耳にする。
友達が少ない人の総称みたく使用されている印象だ。
医療の現場ではコミュニケーションが通用しないことによる問題は多々ある。もちろんどの業界もそうだとは思うが。

独特な会話の間だったり、変な絡み方をしてくる患者というのは珍しくもないが、特別意識してコミュニケーションをとる必要があるといえば精神疾患を持っている患者だろうか。

全員が全員そうではないが、言葉の選択を間違うと予想斜め上をいく展開に発展することがある。





以下の話は同僚の体験談だ。


同僚が患者の採血をしようとした時。

「いつもどちらの腕で採血されてますか?」

医療職のテンプレートに入っている様な採血前の言葉だ。

「。。右手」

患者が言う。

「じゃあ、右手を1度見せてくださいね〜」

次の瞬間、

「ねぇ!なんで私が右手って言ったからってすぐ右手をみるの?左手ではできないの?普通の人はどっちでもできるんでしょ?あなたは新人?下手くそなら他の人に代わってよ!神経傷つけられて手が動かなくなったら病院はどうやって責任とってくれるの?手が動かなくなったら私はこの先どうやって生活していけばいいっていうの?好きなこともできずに死んでいけっていうのね?そんな酷い人が病院にいるなんて思わなかったわよ!ひどい!ひどい人!今すぐ目の前からきえて!責任者呼んできてよ!」

一気にまくし立てられたらしい。
同僚はただ呆然としてヘルプを求めたらしい。


詳しく疾患名は覚えていないが、精神疾患が既往にある人だった。もしかしたら躁状態だったのかもしれない。

「躁」とは「鬱」と対極にある状態だ。

異常に気分が高揚した状態が続き、怒りっぽく喧嘩早くなったりする。これにも様々なパターンがあるので定型化できない。


この場合、同僚の対応に間違いはない。
これを防ぐのは中々困難だろう。
交通事故の様なものだ。
新人だろうが、師長だろうと同じ展開だったと思う。

だが、医師が対応したならもしかしたら変わっていたかもしれない。看護師には強気に出るが、医師には頭が上がらないという患者は精神疾患に関わらず多い。




精神疾患というのは心臓疾患や脳疾患の様に外科的手術を行って根治が見込めるものではない。

長く付き合っていく必要がある場合もある。

メンタルが弱いんだろう、という人もいるがその一言では片付けられない現状はある。

ま、新型うつという言葉も出てきているので本当にメンタルが弱いだけの人と、疾患に悩む人の境界線は難しくなってきていると個人的に思う。

「自分メンタル弱いからさ〜」

とか

「鬱だわ〜」

とか自分から言っている構ってちゃんは話をただただ聞いてあげれば大丈夫だ。経験上。


精神疾患がある患者の質問や発言には肯定、否定をしないようにする

というのが教科書には書いてある。

とは、言うものの、肯定も否定もしないってどうするねんと思っていた。
やはり「そうだったんですか〜」と相槌でお茶を濁すのが安全策なのだろうか。



そんな自分も勿論精神疾患を持った患者と関わったことがある。過去に行った応答で未だに正解が見つけられないものがある。


「頭の中がニンニクとパスタで炒められてるんですけど一体どーすればいいですか!?」


おばさんが本気の顔して上記を発言しながら救急の窓口にきた。若き日の自分は言った。


「あ、あの、もう一度よろしいですか。。?」


「頭の中がニンニクとパスタで炒められてるんですけど一体どーすればいいですか!?」


「…」


どうやら自分の聞き間違いではなかったらしい。

何も答えられずとりあえず患者をなだめた自分だった。


ベストアンサーをお持ちの方、是非教えてもらいたい。なんならYahoo!知恵袋に出したい。



職業柄、人と話さない訳にはいかない。
正しいコミュニケーションというものは、どんな時も答えはなく、様々なシチュエーションがある。

だが、常に相手の立場になること。発言した自分を俯瞰して見ることが大切になることは間違いない。


さて、今日も1日を始めよう。


ではでは。