gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

自分の教え方を振り返ろうともしない指導者が多すぎる。

f:id:gin1103:20160526152235j:image
f:id:gin1103:20160526152432j:image
f:id:gin1103:20160526152448j:image
今日のスタバ。
北海道札幌大通にある店舗。
大通には2店舗あるのだが、こちらはリザーブ店。
広い店内と安定の電源があるので北海道札幌に行った時は必ず利用している。そして、行った時には必ずコーヒー豆を買っている。といってもお手軽なVIAだが。札幌での限定ルール。もちのろん意味はない。
なんとなく続けている。





先日、職場でこんな場面を見た。

看護師が師長から指導を受けていた。

師長「◯◯さんの教育はどうなってるの?」

どうも新人教育のことらしい。
新人が何か失敗をしたのだろう。

どの業界でも起こりうることだ。
特にこの時期は新人が少しずつ自立し仕事をし始める時期だ。1カ月そこらで仕事を覚えられるわけも無くミスするのは当たり前だ。

医師、看護師などそれぞれの職種での教育システムというものはある。

医師なら指導医と研修医はペアを組み基本的につきっきりで仕事を教える。まぁ、細かく丁寧にやっているところはあまり見たことがないが。
見て盗め、というスタイルなのだろうか。
引っ込み思案な人には中々厳しいかもしれない。しかし、信頼関係を築けばこれ以上ない方法ではある。



看護師の場合は病院によって全然違うが、一般的に言われているのは、コーチ・プリセプター制度だ。

プリセプターというのは3年目くらいの一通りの仕事ができるスタッフが任命される。役割は主に新人のメンタルフォローだ。

コーチというのはもう一段上のスタッフがやる。責任者代行をやったり知識と経験が豊富な分、新人だけでなく指導側のプリセプターの教育も兼任する。

自分は医師の教育方法に比べて看護師の教育制度に関しては昔から賛成できない派だった。

新人それぞれに要は直属の上司ができるという点に関しては医師と看護師とでは差はない。
では、どこで差が出るかと言えば、一緒に勤務をする時間だろう。

マンツーマンで動ける医師と違い、看護師の場合はシフト制なので勤務が合わない期間が生じる。
(有能な責任者はそこを配慮することができるができない人も多い)

つまり、直属の上司ではないスタッフからも指導を受けることがある訳だ。それ自体は問題はない。が、万が一、そのスタッフが間違ったことを教えてしまったとしよう。
新人がミスをした時、非難の矢が飛ぶのは直属の上司になる。

「何であんなこと教えたの!?」
「え???なんのこと???」

となるのは当然だ。

まぁ、間違ったことを教えたスタッフが悪いのは勿論だがそういうことが続くと結局、新人と共に上司の教育方針が疑われる結果になる。

自分の勤務とは関係ない所でドンドン評価が下がる訳だ。

人によっては

「私の関係ないところでミスされても責任持てないよ。。」

やる気を無くしたり、時には新人に当たったりする人もいる。


新人も

「私のせいで先輩が怒られてる。。」

とモチベーションが下がる。
悪循環だ。


こうなるのを防ぐためにも看護師の教育はマンツーマンでなくチームで行うべきだと思う。

こんなことを言うと

「新人は元々部署全体で育ててます!」

と師長からのお怒りが飛んできそうだが、それはただの理想論だ。実際にコーチやプリセプターに任命されていないスタッフは教育に関して無頓着なパターンが多い。

「自分の担当の子じゃないから〜」

という責任感がない様なことを言うのだ。

みんなで育てる気があるならそれこそチームを作って見ていけばいい。

1人に対する指導者が増えることで新人も勤務中に頼れる人が増えるし、成長の程度についても情報共有しやすい。

こういうことを言うと

「教育の責任が誰にあるか分かりにくい」

とか

「マンツーマンでしっかり教えた方が伸びる子もいる」

とか言う人がいる。


教育の責任が誰にあるか分かりにくい、と言っている時点で部署全体で教育しているという意識はないらしい。
責任は誰でもない自分達全員にある。

マンツーマンで教えた方が〜という意見に関してはその逆の言葉をそのまま返す。

コーチプリセプター制度とチーム制のどちらがいいかは分からない。
日本は医療に限らずこういった教育についての研究が倫理的問題がどうたらこうたらで進まないらしい。アメリカでは様々な研究を行っている。少人数クラスについてや、褒め方の違いでどのくらい有意差が出るかなどなど。


新人が仕事ができない時、

「あの子は◯◯だから〜」
「この前はこんなことしてたよ〜」

と話のネタにしているスタッフを見るが、それは暗に自分達の教育がダメということを言っていることに気づかないのだろうか。

新人にも悪いところがあるにせよ自分の教え方を振り返ろうともしない指導者が多すぎると常々思う。

どんなに偉くなっても右も左もわからなかった新人の頃を忘れないで指導する立場になりたいものだ。


なんか日頃のイライラを一気に発散した感じだ。病院の教育制度について書きたかったのだがまとまらない文章!!


教えることは教わること。
今日もがんばるぞい。


ではでは。