gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

「一緒に冒険しよう!勇者達!!」 (スーツのCM)

f:id:gin1103:20160530095703j:image
f:id:gin1103:20160530095836j:image
f:id:gin1103:20160530095723j:image
今日のスタバ。
またまた沖縄北谷、アメリカンビレッジにある店舗。
日当たりもよくきれいな朝日を受けながらコーヒーが飲める。だが、何故かこの時は個人的ブームがきていたホワイトモカを飲んでいた気がする。
コーヒーはブラック以外しか飲まない!断言していた友人にホワイトモカを飲ませたら

「なんだこれ!うまッ!」

と感動していた。ホワイトモカは新たな扉を開けてくれた。





寒暖の差が激しい今日この頃。

夜はまだまだ冷える。

雪国出身なので寒さにはある程度耐性があるが、暑いのはダメだ。

寒いのは何枚でも着れば何とかなるが、暑いのは全裸でも暑い。よく聞いたことのある問答だ。


6月になったら衣替え。

男子高生は学ランはワイシャツやポロシャツに。
女子高生は夏服にモードチェンジ。
サラリーマンはクールビズ

てか、クールビズという言葉が流行る前は夏でもネクタイ装着していたというのだから効率が悪い。

更に言えば、ネクタイしなくてもいいじゃん、ってなった途端みんな直ぐさま順応し始めるわけだから、暑い時にネクタイなんかしてらんねーよ、と誰もが心で思っていたに違いない。


昔からやってるから。。という理由だけで続けるというのは何とも愚かなことである。
こんな感じで世に運びっている変なルールもあっさり改定してくれないものか。


最近の男子学生は学ランが少ないという噂を聞いたのだが、事実はどうなのだろう。

自分が高校生の頃は絶賛学ランだった。

ブレザーのオシャレな制服が多いのだろうか。

学ランの黒でシンプルな感じも十分かっこいいと思うが、男目線の意見はあんまり意味ないだろう。

制服は実家で眠っているのだろうか。
勿論第二ボタンは定位置をずらすことなくしっかりと固定されている。
憧れの先輩の第二ボタン争奪戦には巻き込まれなかった。
しかし、ちっとも悲しくはない。
何故なら男子校だったから!
どーん。

男達で制服のボタンを奪い合っている絵は見苦しい以外の何物でもない。

第二ボタンをもらうというシステムは誰が始めたのだろうか。なぜ第二ボタンなのかといったら心臓に1番近いからとか何とかという話を聞いたことがある。

心臓に近いからなんなのだよ、というツッコミは置いておくが、

「第二ボタンダメだったから第一ボタンと第三ボタンもらった!」

とかいってるヤツを見たことある。
もうこれ本末転倒ではないだろうか。
最初からどこでもよかったのではないか。
きっと数年たったらこれは第二ボタンだったと言い張るに違いない。

こんな感じで先輩から後輩へ譲り受けられたボタン達は10年以上たってどこにしまわれているのだろうか。

思い出の1ページとして大切に保管されてるといいが、案外あっさり不燃ゴミに出されていたとしたら少し切ない。



話はそれたが、衣替えだ。

街行く人達の服装が変わると同時に新しい季節の音がする。
夏が来る。

これからもっと暑くなるのだろうなー。

スーツ着て出勤する必要がない病院はこういうところはラッキーだと思ったり。
クーラーの初起動はいつになることやら。





暑いといえば、電車内のCMで日本一熱い男がこんなことを言っていた。


「一緒に冒険しよう!勇者達!!」
(スーツのCM)


暑くるしい、いや、熱い。
やはり松岡修造は最高である。


ではでは。