gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

30を超えてからもチャンスがあるオッさんは元々ある程度の見た目と社会的地位を持っている一部の人に限る

日記 病院 スターバックス スタバ
f:id:gin1103:20160601175628j:image
f:id:gin1103:20160601175641j:image
今日のスタバ。
高田馬場にある店舗。駅近ではない。
2015年の書き初めならぬ、スタバ初めをしたところだ。
この時期は抹茶ティーラテオールミルクにはまっていたと思う。




昨日の朝は珍しい人にエンカウントすることが多かった。珍しいの基準が完全に自分主体になってはしまうが。


その1
食パンを手に持って走る中学生。

漫画などで食パンを加えて走る女子高生というのは見たことあるが、パンを手持ちにしているのは初めてみた。
軽快なステップで坂を駆け上がっていた。


食パンを加えて走るという行為は


朝ごはんを食べたい

けど、時間がない

走らないと遅刻する

なら食べながら走ればいいんだ


という発想から生まれているとは思うが

時間との戦いの中で摂取する食事は果たして美味しいだろうか。いや、おいしくない(反語)

そして、口に何かを加えながら走るという非日常的行動は勿論スピードを犠牲にしている。

まさに

二兎を追う者は一兎をも得ず

を体現しているといえるのではないだろうか。


そう考えると手に持って走るのは効率的かもしれない。
スピードも落ちないし、間に合えばゆっくりパンを食べられる。そう、間に合えば。
中学生が遅刻せずにおいしくパンを食べていることを祈る。




その2
スーツをオシャレに着こなしているオッさん
(右手にカバン、左手にダイソン装備)


羽がない扇風機はご存知だろうか。
まるいやつ。
ダイソンから発売しているくそ高い扇風機だ。


アラフォーくらいのオシャレなオッさんがそれを片手に優雅に歩いていた。いや、優雅かこれ。

どういう展開になれば片手にダイソン装備して出勤することになるのか。


アラフォーを超えても気持ちが若くかっこいい男性もいれば、ビール腹でダメダメな人もいる。


男は30超えてから!とかいう女性を見かけるが、

30を超えてからもチャンスがあるオッさんは元々ある程度の見た目と社会的地位を持っている一部の人に限るので大多数のオッさんにはチャンスは巡ってこない。

そう考えるとあのダイソンおじさんはダンディだったし高級家電持っていた訳だし(物理的に)どちらの条件も満たしているということになる。かも。




その3
スタバのカップ

道端に捨てられていたカップ。

もう人じゃないやん。

っていう話なのだがメッセージが書いてあった。

「佐藤くんへ(ハート)」

店員さんが書いたのか

友達のいたずらなのか

どちらでもいいのだが、
よりによって日本に多い苗字第2位の「佐藤」で名指しする意味はあったのだろうか。佐藤はそこら辺にたくさんいるぞ。勘違いする人もでてくる。多分。
いたずらにしても多分気付いてもらえない。
せめて、名前で書いてあげればリアル感が出たのに。

てか、世の中の佐藤さんや鈴木さんは複数人同環境にいない限りやはり苗字で呼ばれるのだろうか。個人的にメジャーな苗字の人は名前呼びしている。
ま、どーでもいいですよっ。









とか、朝からしょーもないツッコミをいれていた。
そしたら京浜東北線がめっちゃ遅れてた。



人身事故らしいが、最近多い。

学生の頃に人身事故による賠償金の話とかされた覚えがあるだろうか。
自分の担任は

「電車の飛び込みだけはやめとけ!」

と口をすっぱくして言っていた。JR東日本の運営を止めることによる莫大なリターンについて語っていた。

みんな勢いに負けて頷いていたのでツッコむヤツが誰もいなかったが、教職者としては自殺を止めろというべきではなかったのだろうか。



そんなに数はないが、自殺未遂で運ばれてくる人の対応をしたことがある。

後遺症や傷跡が残ったりするのは当然だが、同様のことを繰り返す患者も多いらしい。



自分も自殺を考えたことは一度だけある。

人生で1回きりだが。だから、自殺をする人の気持ちが全く分からないという訳ではない。




死ぬことしか状況打開策がないのか?

本当に自分はやれることをやりきったのか?

繰り返し繰り返し可能性を探って1つの打開策に苦労して辿りつけたから今の自分があるといっても過言ではないかもしれない。


自殺未遂者が特にそうだが、時には死にたがっている人の治療をしなくてはならないこの職業だ。

人によっては

「死ぬならあっさり死んでよ!」

とか言う人もいる。
言葉は悪いが言いたくなる気持ちも分からんではない。

自分は患者として運ばれてきている以上、救命以外のことは最初は考えない。

その人の人間性やら自殺の動機やら何やらはその後でいい。
まずは危機的状況を乗り切ってからの話だ。





死にたい人と死なせたくない人

言葉で表すと簡単な関係だが、そんなにシンプルなものでもない。

だが、割り切ってしまえば物事はシンプルになる。複雑にしてるのは結局自分なのだと気づかされる。



こんなこと書いてると今日患者でこういう人が来そうだからここら辺にしておこう。




f:id:gin1103:20160601190025j:image
スタバの新作を早速飲んだ。
以前のメロンが個人的メガヒットだったが、これはそれを遥かに上回ってきた。めっさうまい。間違いなくカロリーもね!また飲みたい。いや、飲む。


ではでは:)