gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

てめぇの将来なんだから責任はてめぇで持て!と文句をいってやりたい

f:id:gin1103:20160602144504j:image
f:id:gin1103:20160602144528j:image
今日のスタバ。
東大赤門近くにある店舗。本郷三丁目だ。
外の席はよく外国人が使っているのを見る。
たまたまだろうけど。
東大が近いせいかインテリジェンス高そうな学生の利用が多い。高いかどうかは事実は知らない。
あくまで偏見。



東大と言えば、昔「ドラゴン桜」という漫画が流行った。ドラマ化もされた。女子高生ギャル役のガッキーが見れる。貴重だ。


「教えてやる。東大なんて簡単だ!」


のキャッチフレーズから弁護士の桜木が学力底辺の高校を再建していくストーリーだ。

個性的な教師陣の指導の元、矢島と水野という2人の生徒が東大目指して奮闘していくって感じの流れなのだが、作中に生徒の矢島がこんな感じのことを言う。


「東大に入った後のことはどうするんだよ。教師なら生徒の将来に責任持てよ」


てめぇの将来なんだから責任はてめぇで持て!と文句をいってやりたいのは置いておいて。。

確かに東大に入ることが人生のゴールではない。
その後、どんな仕事をするかが重要になる。
だが、日本人は大学入学をゴールに設定しているような人が多いという話を聞いた。

東大なんて大したことないよ、と東大生の人はよく言うそうだが日本最高峰の教育機関として位置付けられている以上その発言は受け入れがたい。
ちなみに、日本の1番最初に出来た大学が東京大学らしい。有名な話か。


最近は東大に入ったからといって就職に必ず優位に働く訳ではないらしいが、本当にそうなのだろうか。

少なくとも日本人には効果絶大だと個人的には思う。

合コンとかで出身大学の話をして

「東大です」
「え、まじで!?すげー!」

となるのは自然な流れだと思う。


個人的な意見としては、東大の赤門から出てくる学生が如何にも勉強しかやってきていませんという雰囲気の細いガリ勉スタイルだったら少し安心する。

逆に体格のいい爽やかイケメンが出てくると

こいつ、頭も良くてスポーツもできるのかよ。。

と世の中の不平等を実感し悲しくなる。

我ながら器の小さい男である。



話を戻すが、やはり最終目標を東大合格に置いているのは肯定できない。やりたいことはないけど目指すのはモチベーション的にもどうなのだろうか。

あくまで自分の将来やりたいこと、長期目標の過程である短期目標に大学合格があるべきだ。
そうしないと大学に入ってから迷走の4年間が始まることだろう。

アメリカではある程度進路の方向性を定めてそれにそった学習を続けて就職に至るらしい。
日本である様な大学で学んできたこととは全くもって関係ないことをやるということは少ないとか。


だが、自分は別にアメリカ方式が優れているとは思わない。
日本式でもアメリカ式でもメリット、デメリットは共にある。


自分が今やっている仕事・行動にやりがいを持てるかどうかが1番大事だと思う。


東大に行っても将来自分のやりたいことにつながらないと結論が出てるならどんなに学力が優秀でも東大に行くべきではないと思うし

逆に東大に行かなければ自分のやりたいことが叶わないなら何としてでも入る努力をするべきだ。

ま、何が言いたいのかといえば

大事なのは何になるかではなく、何をするかなのだ。


ドラゴン桜の作者の三田紀房さんは好きだ。
色んな作品を世に出している。
思えば結構読んでいる。
心に残る言葉を作中で表現されている。
絵も独特だ。いい意味でも悪い意味でも←


東大には行かなかったが、いや行けなかったが、自分にはやりたいことがあってそれに向かって行動し、自分の描いた未来にたどり着けているのは幸せなことだと思う。
仕事は辛いけども←


さぁ、初心に帰って今日も働こう。


ではでは:)