gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

「最近の子供は根性がない!」という特にエビデンスがない絵に描いたような感情論

日記 医療 スターバックス スタバ ニュース


今日のスタバ。
港区六本木にある店舗。
おしゃれゾーン港区にはスタバはそこそこあるが、都内全体でみると数は多い方ではない。なんとなくオシャレな雰囲気がする。なんとなく。





既にタイムリーな話ではないかもしれないが、先週話題になっていた北海道の行方不明になった事件。

少年が無事に見つかったという報せに日本全国が驚いたはずだ。発見されて本当によかった。

世間には色々な憶測が飛び交っていたと思う。




警察犬が機能しないということは最初からここにはいないのではないか


クマに襲われたのではないか


父親に殺害されているのではないか


などなど。



父親の言動に不明な点が多かったこともあるし、少年が見つかったからハイこれで一件落着!とはならない雰囲気がある。
色々判明してくるのはこれからだろう。本当に遭難していたのかどうかという事実も含めて。




しかし、少年は7歳だったか。
小学二年生が水を飲みながら6日間生き延びたという事実は驚き以外のなにものでもない。


ちなみに、水だけで生きていくのは1週間が限度と言われている。ギネスを始めとした様々な記録があるので厳密には言えないが、大体そのくらいだそうだ。

水も抜いた絶飲食状態なら限界は3日くらいだ。
肥満体型の人はもう少し伸びる。
脂肪を蓄えているだけあるということだろうか。
そう考えると蓄えている脂肪も無駄ではな、、、
いや、無駄だな。


少年に栄養関係の知識があったとは思えない。ただ喉が渇いたという本能のままに水を求めたのだろう。


しかし、少年は7歳にしてすごい経験をしたものだ。
1週間弱を水のみ、野外で過ごすサバイバル訓練なんて成人でも厳しいだろう。
自衛官の訓練でももう少し食料はある。

少年は今後並大抵のことはではへこたれなくなるので
はないだろうか。逆にPTSDの様なメンタルにダメージを負っている可能性もある。アフターケアの充実を祈るばかりだ。




野外で過ごすという経験は普通の人はキャンプくらいだろうか。自分は幼少期に数回やった程度だ。
あと、小学生時代にやる自然教室的なやつくらいか。


キャンプをやった回数よりも山で野生のクマに会った回数の方が自分は多い←

田舎には普通にクマなど野生動物が出る。
タヌキやキツネ、イノシシも。
カモシカを見つけた時はテンションが上がった。
美しい姿だった。
もののけ姫に出てきそうな感じで。



自然教室や臨海学校というのは自然と触れ合うという意味合いを込めているのだろうが、既に自然に触れ合って生活している田舎民にとってはあんまりありがたみのない企画ではある。



みんなで自炊をしたり、色々やった覚えがあるが、思い切って1週間山にこもってサバイバル生活をさせた方が人生の経験値的には遥かに大きい気がした。


限られた食料をグループで如何に配分するか

雨風をしのぐためにどうするのか

緊急時の応用力などなど学べることは多い。



「最近の子供は根性がない!」


と言う特にエビデンスがない絵に描いたような感情論をぶつけてくる輩が多いので、昔の子供が経験したことない様な苦難を与えてみたら良いと思う。

何か言われたら反論できる。


「小学生の時に山の中で1週間サバイバルしたことあります?根性ないとできないんですよ〜」


こんな感じで。
なんか嫌な感じのガキになってしまった。


ま、そんな企画を最近のお厳しいPTAの皆様方が承諾するわけはないのは分かりきってはいるが。




自分が生命の危機的状況に置かれた時にその人の本当の能力が試されるのだと思う。
それこそ、遭難や災害に巻き込まれた際に。
特に地震などは他人事では無くなってきている。

頻回にそんな状況に会うことはないが、なるべく危機を回避して人生を平穏に終わらせることができることを祈るばかりだ。


今週も平穏平和を合言葉に始めよう。


ではでは:)