gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

人は過ちをやり直せるというが、人の過ちによってやり直せなくなるものは確実にある。

医療 病院 日記 スターバックス スタバ



今日のスタバ。
品川駅構内にある店舗。
屋内にあるけど屋外にある感じのするところ。
二階に席があり、テラスのように開放感がある。品川に行った際は高確率で使用している。
サラリーマンや旅行にいくであろう人たちで賑わう。
席も割と多いのでお気に入りだ。
写っているドリンクはクールライム。
コーヒー感皆無の清涼飲料水である。
夏季限定のドリンクで個人的風物詩だ。






先日ニュースでアイドルがナイフでメッタ刺しにされ意識不明の重体になってしまったのを見た。

容態を心配する人が多かった中、意識が戻ったというニュースが入った。本当に良かったと思う。

ただ、どこを刺されたかによるが後遺症との戦いになるとは思う。もちろん1番傷つけられたのはメンタルであることは間違いないが。




今回、警察の対応がどうだったのかとテレビで報じていた。事前からSOSが出ていたのにも関わらず動かなかったなどなど。
事前に防げた事故かもしれないと検討するのも大事だ。しかし、それよりも今後の犯人の処遇について国は検討してほしいと常々思う。



多分、アイドルの子が救命されたことによりこの件は傷害致死には該当しないのだろう。
自分はおそらく死刑にはならないと考える。

人権がどうとかとやかく言う人はいるが、この非人道的な行為に対する処罰として懲役刑は果たして適切なのだろうか。

人生の10年20年を刑務所で過ごすことに対して同情する声を耳にすることがあるが、まさに身から出た錆。同情するというのはおかしな話だ。

被害者は生きていたとしても、その後の人生に大きな影響を及ぼす傷を追っている。



このような事件に関わらず、何事においても

やった方というのはすぐ忘れてやられた方はずっと覚えているものだ。

誰にでも覚えはあるだろう。


少し話はそれるが、少年法もそうだ。
川崎の中学生が殺害された事件だって加害者は死刑でも何らおかしくないと自分は考える。
未成年だからとかいう線引きで刑の重さが変わってしまうのは間違いではないだろうか。




人は過ちをやり直せるというが、人の過ちによってやり直せなくなるものは確実にある。



絶対に許されない1発アウトのラインを作るべきだ。

単純な話で言えば、

殺人をしたら情状酌量無しに死刑

似たような考えを持っている人は少なくないと思う。
抑止力になるのは間違いないだろう。


少年法で守られてるからとか、精神疾患のふりすればとかいう低俗の考えの輩が確実に世の中にいると考えるだけで反吐が出る。

自分の考えが世の中の正解ではないのは分かっているし、あくまで公平な判決のためにあるのが司法だとも思っている。みんながみんな納得する判決を出してくれる便利な機械が発明されないものか、とないものねだりをしてみる。







病院は生死が常に隣り合わせだが、ドラマチックに最期を迎えられる人の方が少ない。

家族が望むなら99.9%救命不可でもやらなくてはいけないのが自分達の仕事だ。

あらゆる可能性は提示する義務がある。

それを受けて判断するのは本人もしくは家族だ。

本当に無理だと思われた状況から回復する人も、もちろん見たことがある。
だが、あくまでそれは珍しいパターンなのだ。



何を持って生きていると言うのか。
それこそ個人個人の意見がある。


心臓が動いていれば姿は何でもいいという人もいた。


口に管を入れてでも生きてほしいという家族もいた。


「自分で立って歩けなくなったらあとは治療はしないで。点滴も何もいらない」と笑顔で言った人もいた。



尊厳死という言葉。
人間1人1人に自分の価値観がある。


限られた選択肢の中で自分の人生に納得のいく最期を迎えてもらえるようにサポートしていきたいと自分は思うし、それ故、故意に起こした殺人事件の話を聞くのが本当嫌いだ。
好きな人はもちろんいないと思うが。



生きよう生きようと毎日必死な人がいて


生きてほしいと必死に願う人もいる世の中で


個人の感情に任せて他人の明日を奪う行為は許してはいけない。




何かごちゃごちゃな文章になってしまった。
まとまらない。いつものことか←

とにかく、意識が戻った子の安定した回復を祈るばかりだ。


世の中、テンションの下がるニュースが嫌でも耳に入ってくる。そう思うと芸能人の不倫問題で騒いでいられるのは幸せなことなのかもしれない。
余計な情報をシャットアウトして自分ができることを今日もやっていこうと思う。


ではでは:)