gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

今週のお題「雨の日グッズ」


今日のスタバ。
新宿駅の店舗。もはや間違い探しレベルで写真の中のスタバが見つけにくい。
新宿駅にはこの他にあと1つある。
前の記事でも書いた様に1日乗車数が世界一の駅なだけあり、店内で座って飲んだことはない気がしてきた。
いつもいつもいつも混んでいる。
自分の運が悪いのか、果たして。





今週のお題「雨の日グッズ」



雨の日グッズ。





雨の日グッズ。。。













傘しか持ってない。
折りたたみ傘。
アマゾンで買ったやつ。
フツーにフツーを重ねてフツーで包んだ様なフツーの傘だ。紹介するまでもない。

他に何かあるだろうか?











と、考えたら最近はレインブーツ、別名長靴←があることに気づいた。

あれってどのくらい雨水の浸入を防いでくれるのだろうか。もちろん所持していない。

流石にずっと水に浸していたら濡れるであろうことは容易に想像できる。



しかし、雨の日もオシャレに気を使う女性の皆様の心意気を讃えよう。あれ、メンズ用のレインブーツもあるのか?レディースしか見たことない気が。


かけるだけで防水仕様に変化させるスプレーも売ってたりするが、さほど効果は感じない。
音楽フェスで使用済みだ。





あとはカッパだろうか。

さらに農業でも使えるデザイン度外視の長靴を装備すれば雨の日は完璧だ。
実際問題、小学生低学年くらいまでの子しかカッパを着ている子を見ない気がする。


子供達が小さい長靴とカッパをきてお母さんと雨の日歩いているのを見ると心が温まるのは自分だけではないはず。傘を持っても傘の方が大きいので傘が歩いてる様に見える。

彼らは雨の日だとテンションが上がり、敢えて濡れる方向に向かう。不思議だ。
雨具も意味なしになる。



小さい子がカッパ着てるのは別にいいのだが、これが成長してしまうとイメージが変わる。

180センチオーバーの20代男子が街中でカッパと長靴を履いて傘もささずに雨の中を歩いていたら、、

何故か怪しい雰囲気にならないだろうか。
何1つ悪いことしていないのにそう思ってしまう。

そもそも、カッパってそんなに雨を防げるだろうか。
幼少期、あれを装備しても結局服が濡れていたイメージなのだが。





雨の日グッズの話からはズレるが、雨の日は

「凜として時雨」

というバンドの曲をよく聴く。
その名前の通り雨の日に聴くと情景と風景が実にマッチするのである。
もちろん晴れた日に聴いても構わないが、夜と雨の音を目にしながら聴くのが自分は1番好きだ。
ま、ボーカルの声を聴いて離れていく初見の人が半分くらいいるとは思うが、是非聴いてもらいたい。



この季節は雨と湿気の相乗効果でくせっ毛の自分をいじめてくる。どしゃぶりのスコールなら諦めもつくのだが、霧雨の様な雨でクルクルになるのはムカつく。
自然の摂理並みにくせっ毛天パの髪はどうしようもないので坊主にできる勇気が無いのならば、諦めるしかない。


昔、減量中に雨の中サウナスーツをきて走りまくってスコールにあい、死ぬ思いをしたのを今思い出した。
人生振り返ってみれば九死に一生体験が割と多い。



雨の日があるから晴れの日が良いと思える、と考えると割と雨でもポジティブになれるかもしれない。
どんなに悲しく辛いことがあった日にどしゃぶりで雨に打たれて帰ると本当にテンションが落ちに落ちるが、晴れていれば

「嫌なことあったけど、雨じゃなくてよかった!」

と前向きに考えられる。
かなり力技だけど。。

雨の日には雨の日の

晴れの日には晴れの日の

雪の日には雪の日の

曇りの日には曇りの日の

楽しみ方があるはずだ。



何事も、重要なのは環境だけでなく自分の気持ちの持って行き様なのだと思う。


今日は中々の猛暑日になりそうだ。
でも、休み!なのに研修会!!!


良い土日にしましょー。


ではでは:)