gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

「寺とか見てなんの意味があんだよ〜」 京都奈良とか行くと必ずこんな文句を言う奴がいる。

日記 スターバックス スタバ 修学旅行


今日のスタバ。
京都新京極通りにある店舗。
ここは人生で初めて使用したスタバだ。
高校生の修学旅行の時にきた。

友達「スタバで休憩しよう」
自分「、、いいよー(スタバってなんだ?)」

田舎者のため、こんな理解度のままついていった。そのためコーヒーを飲むところだとも分からなかった。
スタバ初心者の第一関門、サイズオーダーの前にメニューがよくわからない。
自分のとった行動は

「あいつ(友人)と同じヤツを!」

苦肉の策だった。
しかし、店員さんは素敵な笑顔で対応してくれた。
そして、キャラメルマキアートのうまさに震えた。
10年以上たって、今はこんなにスタバスキーになってるのだから面白いものだ。







修学旅行と言えば最近の中高生達は海外に行くのも珍しくはないらしい。グループによっていく場所を分けたりなどなど。学校ごとの創意工夫がなされている。

東日本の学生定番といえば京都奈良大阪あたりだろう。自分もそうだった。
逆に西日本の人達は東京になるのだろうか。
双方思うことはきっと同じだ。

「来ても大したものねーよ?」

地元民は見慣れて住み慣れているからその土地に対しての思い入れが他の人達より低い。
もし、自宅の周囲50m以内にスカイツリーがあったら、遊びに行こう!と言われてもテンション上がらないだろう。


修学旅行にいくと何人かその地方の方言を中途半端な完成度でコピーする奴らが高確率で出てくる。
もはやその現象に名前をつけてもいいのではないだろうか。


さらに、漫画の世界なら修学旅行といえば、恋愛イベントが発生する絶好の機会になるのだが、残念無念の男子校だったもので恋愛系は全くフラグが立たなかった。
いや、それこそ他校の女子と一緒に回るなんていう憧れイベントが自分の知らないところで発生していたかもしれない。悲しい。切ない。


他に漫画でよく見るシチュエーションと言えば他校の生徒と揉めてケンカするとかだろうか。
他校の生徒とは確かに絡みはあった。

男子「君らどこからきてんの!?」

清水寺でとあるグループに急に話しかけられた。

自分「田舎!」

我ながらいい加減な答えをした。

男子「まじか!俺らは福岡!写真とろう!」

どこから来てるの?→「田舎」という具体性のない回答に突っ込んで欲しかったのだが見事にスルーされなぜか写真を撮るという展開に。若さとテンションに身を任せていたのだろう。
いい奴らでケンカの「ケ」の字も出なかった。



あとはどの組のバスガイドが1番可愛いのか、とか男子校らしいくだらない話をしていたのも覚えている。

残念ながら我がクラスの担当ガイドは、可愛いとかそういうステージに上がる以前の問題で、超ベテランさんであった。

面白くていい人だったんだけどね。。
こういう時はそういうのじゃなくてさ。。

我々クラス一行はこんなテンションだった。


そんな中、グループメンバーの1人が

「おいしい和菓子を食べたい」

と言ってるのを聞いたベテランガイドさんはとあるお店を紹介してくれた。

グループみんな甘党男子だったのもあり、ウッキウキでお店に行ったのだが、、


ベテランガイドさんが教えてくれた店は、周りの客はスーツや着物でキッチリカッチリ決めているようなところだった。
さすが、ベテラン。
我々のレベルを度外視した"本当にいいお店"を紹介してくれたらしい。


そんなところに学ラン学生がグループで来たものだから好奇の視線が半端ではなかった。

さらに、たまたま何かの取材が来ていた時でインタビューされてしまった。

「高校生がここ来るなんてめずらしいね〜」
「そ、そうなんですか。。(汗汗)」

そんなド緊張感の中で食したお菓子ではあったが、衝撃の美味しさであった。なんやかんやあったがベテランガイドさんに感謝である。



「寺とか見てなんの意味があんだよ〜」
京都奈良とか行くと必ずこんな文句を言う奴がいる。

自己負担0(自分はお金出してないの意味)で文化遺産を観れるのはかなり恵まれている、ということは高校生には分からないだろう。

ま、歴史に詳しかったりすると見る点も変わってくるとは思うが。

個人的には修学旅行は
「何を見るかではなく、誰と何をしたか」
が大切になると考えている。

考えてみてほしい。

当時の記憶は文化遺産より、友達と回ったお土産屋や宿での思い出だろう。
自分だって金閣寺銀閣寺より、宿でみんなで夜な夜な対戦した
スマッシュブラザーズ」通称スマブラの思い出の方がインパクトがある。
据え置きハードやコントローラーなどなどをみんなで担当分散して持ち寄ったのを覚えている。
先生に隠れて遊んだものだ。

何より自分のお金で行ってないから旅行自体のありがたみがないのもあるかもしれない。

やっぱり自分のお金でいってこその真の旅行だ。

とりあえず、そろそろ北海道とか旅行に行きたいものだ。京都もまたいきたい。なんなら沖縄も。福岡でもいい。名古屋もいいところだった。
もうどこでもいい←


知らない景色、空気を感じれるから旅行は好きだ。
飛行機、新幹線、夜行バス、移動の時間もまたいい。
心機一転させる時にもいいものだ。
夏の旅行を計画しよう。

計画して時間がない、、なんてことになりかねないが前向きに行こうと思う。。。


ではでは:)