gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

意識高い系ドリンク「水素水」は飲んだことがない。なぜだろう。最初から"うさんくさい"とシンプルに頭が分析していた。



今日のスタバ。
京都のリザーブストア。
店内はかなーり広く驚いた。
それなのに席は大体埋まっていた。
きっと場所だけでなくサービスもいいところなのだろう。ここも店員さん、可愛かった。勧められたデザートを即決で買った。そして、死にかけたアイフォーンさんがここで復活した(電池切れかけただけ)






最近、アクエリアスウォーターという商品が出たのはご存知だろうか。

アクエリアスから水がでた」

的なキャッチフレーズで売っていた。
トレーニング後に水分補給を。。と思って買ったのだが、良くも悪くも期待を裏切らなかった。

そりゃそうなるよね、的な味なもんで。

粉末状のアクエリアスをケチって水多めで割った味だ。運動部には伝わりやすいネタである。


ちなみに、水分補給については以前ブログで少し書いた。

アクエリアス、ポカリを超える経口補液 - 日々はあけぼの




こういった新商品。
出てたら買ってしまうのが人の性分ではないだろうか。ちょっと前にでたリッチなカップヌードルも買ってしまった。
これだ。

カップ麺なんて年に一回食べるかどうかなのに買ってしまった。味は、、、まぁ、まずくはないけど二回目はいらない、といったお察しな感じである。



新商品!

新発売!

今だけ!

今日まで!

1回だけ!

さきっちょだけ!←


色んな誘い文句がある。見事にハマる人が多いから買ってしまうのだろう。


確かにスタバの新商品はいつも当日に飲んでしまう。いや、これは自分だけか。


なるべく話題に踊らされないようにしよう、、

という誰と競っているかもはや分からない精神が自分の中に時たま出現する。


そういえばそういえば、今流行り?の意識高い系ドリンク「水素水」は飲んだことがない。

なぜだろう。
最初から"うさんくさい"とシンプルに頭が分析していた。アンチエイジングとか胃腸症状改善とか活性酸素除去とかなんとか歌われているが、実のところどうなのか。

飲んでいる人を否定はしないし、実際に効果がないわけではないとは思うが、
"これだけ飲んでおけば大丈夫!"的なメディアの煽り方が嫌な感じである。


ニュースで報道されていたが、
「水素水よりオナラの方が水素が入っている!」
ということをどっかの誰かさんが発表したらしい。

これを聞いた人が
「オナラの方が水素入ってんの!?じゃあ水素水なんて大したことないじゃん!」
ってなる展開を期待したのだろうか。
水素水より水素が入ってるといってもオナラを積極的に吸い込む人はいないと思う。


まぁ、何かを肯定すればアンチが必ず出てくるものだ。全員賛成なんてありえない。
そういう風にできている。


一昔前は、みのが付くモンタさんが昼番組で報道した食材が夕方には売り切れていたり、
健康番組で取り上げられれば需要供給のバランスが一気に崩壊したりと、メディアの力恐るべし!という感じだった。


ネットが普及してからは色々なことがすぐ調べられる。別にテレビでなくても検索すれば誰でもなんでも調べられる。となってくると必要になってくるのは情報を取捨選択する力だろう。

ネットで得た情報を元に専門書で勉強してみたり
とりあえずそのまま実践してみたり
方法は様々だ。

1番いけないのは1つの情報が何が何でも絶対正しい、他の意見には耳も貸しません!という状態に陥ってしまうことではないだろうか。

切り口、見方を変えれば意見が全く違うなんてことも珍しくはない。
柔軟に情報を捉え、自分の身にしていければと思う。





最近読んだ本で

「牛乳はスポーツする上では非常に有効な製品です。なぜなら(ry」

と書いてあった。
その直後に読んだものには

「牛乳なんて半分は意味のない栄養素で固められています。あんなもの飲むなら水で十分!」

と書いてあった。

些細なことだが、こういうの見てると人間全てが分かり合える日は中々遠いと思う。



ま、反対意見があるのは悪いことではない。
1つの視点だけでは生まれるものに限りがある。

繰り返しになるが、相反するものの存在を認めながら自論をどう展開するか、が面白いのではないだろうか。



とりあえず、何が言いたいのかというと、

これからもきっと水素水は飲まない、ということだ←




さて、6月も最後。
やっと祝日を装備した7月さんがやってくる。
終わりよければ全て良し精神でがんばるぞい。


ではでは:)