gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」

病院 日記 スターバックス スタバ 今週のお題


今日のスタバ。
九州福岡県。福岡天神店。
外観もオシャレだしTSUTAYAと連結しているのもポイントが高い。この時期は冬で抹茶ティーラテオールミルクとシナモンロールの相性の良さについて店員さんと話した覚えが。
今週紹介した西日本のスタバは対応してくれた店員さんみんな可愛かった。小さなラッキー率が上がる。決して方言による上方修正が入っているわけではない。








今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」


昔のテレビ番組で「◯◯できたら100万円」的なヤツがあったのを覚えている人いるだろうか。

実際に自身でお金を稼ぐようになってから100万円という単語の威力を思い知る。


やったことのある人も多いと思われるパーティゲーム桃太郎電鉄」のおかげで「100万なんてすくねぇー!」と間違った認識を持っていたおバカな小学生自分であった。なんせあのゲーム、スタートの所持金は1000万円だからな。




さて、実際に100万円手に入ったら何をするだろうか。。ここで「貯金」と答えたらクソつまんない人間だなぁ、と思われてしまう気がする。

おいしいもの食べたり
旅行にいったり
欲しいもの買ったり、、
したいことはたくさんあるだろう。

株とか投資をしてみるのもいいかもしれない。
知識ないけど。


自分は独立するための費用に充てるなぁ、まるまる。今色々と模索準備中である。
ずっと雇用されるだけでは面白くないし、自分のやりたいことができない時もあるから、自分がやりたいことかつ面白いと思えることに常々挑戦したいと思っている。








それはさておき、もしも100万円もらえたら。。



というお題だが、正直無条件でもらえるなら自分は別に1000円でも500円でも嬉しい。
貧乏くさいと思う人もいるだろうか?
考えてもみて欲しい。




「これあげる」
と人から手渡されるのに要する時間は2秒くらいだ。
時給換算してみると1000円貰えた場合、時給180万円と同等の価値だ。
10000円なら時給1800万円分の価値がある。




そう考えると親戚のおじさんおばさん等々がくれるお年玉のありがたみ半端ない。

経済については桃鉄脳しか持ち合わせていなかった自分は、ポチ袋を受け取って

「おじさんありがとう!(これ千円やん。。)」

と、発声される言葉と脳内発言が乖離していた。



知り合いの子供というだけで、どこぞのクソガキに千円もくれていたなんてありがたい話だ。
先ほど書いた通りおじさんが稼いだ労働力から考えたら等価交換には程遠い。


「実際に働いたらお金を稼ぐことの大変さが分かる」


誰しも人生の中で言われたことがある提言ではないだろうか。まさに言葉の通りで痛感する。やはりそういう意味でもアルバイトは人生経験で重要だ。
しかし、この提言には一文追加するべきだと思う。


「稼いだお金を上手く使うのはもっと大変である」


稼いだ100万円もしくは無条件でもらえた100万円があったとして前述した様な使い方をする人がいれば、



全額ギャンブルに使う人

全額家族のために使う人

はたまた全額募金する人もいるだろう。



各々の価値観があるから他人の使い方を見て
「もったいない」と思ってしまう。でも、本人は幸せだし、それが1番だと思っている。





先ほど、100万円の使い道を「貯金」と答えたらクソつまんない人間という話を書いた。

そんなことを書いたあとにあれだが、自分の先輩には貯金大好き人間がいる。

貯金額を隠すことはせず教えてくれる。
特に物欲がないらしい。
何故貯金をするのか聞いてみた。




「家族が急に倒れて医療費が払えない。。なんてことにはなりたくないから。大切な家族だし。それに自分が明日入院するかもしれないのに貯金0なんて考えられない。命の保証はきちんとしておかなきゃ」




確かに入院費は高い。
大学病院なら尚更だ。
保険を使うとはいえ、負担は大きい。
医療費だけでないその他もろもろがかかる。

検査もろくにしない一泊二日でも中々の額が持って行かれる。病院の会計に仲の良いやつがいるので色々聞くが、おそろしい金額を聞くたび自分は健康を貫き通したいと常々思う。


医療費控除とかすれば税金が安くなる時があるので、通院が多い人はレシートをかならず捨てずにとっておこう。過去5年まで遡れたはず。




もしも大金が入ってきたら。。。
と、宝くじを買う時に誰もが陥る妄想。
そんなことしている暇あったら仕事しろ、と言われそうだがたまにはそんな時間もいいと思う。
ずっと力んで走り続ける必要はない。
たまに止まってその場で足踏みするくらいの余裕を生活の中に持ちたいものだ。




連日暑い日が続く。
街中で倒れている人を助けてその人が超大金持ちでお礼になんかくれたりしないかなぁーなんていう頭悪い妄想しながらしっかりきっかり1日を始めよう。


ではでは:)