gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

男なら「ゆず」女なら「YUI」と「miwa」の劣化バージョンになっているのが90%くらいだ。


今日のスタバ。
川崎駅東口、飲み屋街の中、マックの隣にある。
入り口は二階にあり店内は奥行きがあって広い。入り口すぐに高い雰囲気の1人がけソファがあるからいい。




最近、ここのスタバに行った時に19歳の女の子がアコギを使ってストリートライブをしていた。

音楽は好きだし、ストリートライブをしている人を見かけると必ず聴く。が、その場に滞在して聴き入るかどうかは5秒で判断する。

新宿駅近辺はたまに化物みたいな技術を持った人が出没するから油断できない。


川崎で弾き語りしていた女の子は、とても通る声をしていて人を惹きつける魅力があるなぁと思った。残念ながらカバーの曲が多くオリジナルをもっと聴いてみたかったところではある。
CDを90日で1000枚売るのを目標にしているらしい。
あと30日くらいで300ちょいだそうだ。
前途ある若者には頑張ってもらいたい。



自分はギターを弾くようになって結構経つが、アコギは弾かない。エレキの歪んだ音が好きなのとアコギ1本よりもベースとドラムなどが入ったバンドサウンドが好きというのも大きな理由だ。


アコギで路上弾き語りしている人の中には、完全に趣味の領域、好きだからやっているという人もいる。全然構わないし、好きなことをできるのはいいことだ。

しかし、メジャーデビューしたい、音楽で生活していきたいというアコギプレイヤー達を見るといつも思うことがある。

完全なる持論だが、ストリートでやっている人達、

男なら「ゆず」女なら「YUI」か「miwa」の劣化バージョンになっているのが90%くらいだ。


友人に
「miwaはYUIの上位互換だ、ビジュアルが」
というとんでもないディスりをした奴がいた。
音楽で評価しなさい、と怒った。


誰もが模倣、コピーから始めるものではある。
その中で自分だけのオリジナリティを見つけて売れていくわけだ。
しかし、やはり大半がコピーを抜け出せない。

何が差になるか、といったらはっきり言って才能だと思う。雑なまとめだと思うかもしれないが、それ以外には言えない。

楽器の演奏技術は練習すれば遅かれ早かれ絶対に上達する。ライブなどで演奏しているプレイヤーよりもスタジオミュージシャンや名もない引きこもりプレイヤーの方が技術力だけなら上の場合は大いにある。

しかし、彼らは演奏ができてもフレーズを生み出せない。曲を作る、生み出すということに関しては練習したからできるわけではないからだ。
難しいフレーズが名フレーズという訳ではないから難しい。

世の中に何十曲も生み出しているメロディーメーカー達を見ると本当に尊敬する。自分にはできないことだから。



少し話がずれたが、要はアコギでストリートで歌う人はもっと他のプレイヤーと差別化されるようなことをするべきだ。

なんでアコギでコードバッキングしかしないのか、といつも思う。ソロを弾いてもいいじゃないか。
そういう楽器だから、、というのは視野が狭い。
歌声とギターソロをハモらせてもいいじゃないか。
何人もストリートでやってる人は見たことあるが、ギターを弾く上では、特に珍しくないソロで聴かせる、ということをしてる人が少ないと昔から思っている。

ここで重要なのは、ただ技術力を披露するための音数が多い速弾きをすればいいというわけではないということである。

さっき書いた川崎の19歳女の子もオリジナル曲のメロディは良かった。そのメロディを元にソロパートを作ってもいいわけだ。コード進行だけで聴かせたい気持ちも分かるが、自分だったらソロをいれる。
そうしたらいいフレーズがもっと活きるはず。



アコギも弾かないくせに、音楽プロデューサーでもないのに何を偉そうに!っていうツッコミが飛んでくること必至だ。
あくまで1リスナーの1意見として軽く考えてほしい。


ギター初めたばかりの頃は、ギタリストはエフェクターをどっさり足元に設置して使っているのがすごいと思っていたが、本当にすごいのはアンプとギターだけで曲を表現することだ。

男は黙って、、アン直!


今日は久々にギターでも弾こうと思う。
すぐに影響されるのが自分である。
こう何気なくギターを持った時に曲ができるから面白い。良い曲が悪い曲かは置いておこう。。


ではでは:)