gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

命の危険を感じた人間の底力はすごい。波に負けない気合のクロールで生還した。

日記 スターバックス スタバ


今日のスタバ。
この「99」は「スターバックスのコーヒー豆99%が倫理的に調達できるようになった」という記念として9月9日にはカップになるべく「99」と書いて提供しようというイベントだそうだ。
倫理的になんちゃらと言われてもよく分からない。
つまりは、99%のコーヒー豆を双方WinWinの関係で提供できるようになったということらしい。
つまり、といってもよく分からないか。
昨年、2015年に44年の期間をかけて達成できたそうだ。とりあえず、一言。めでたい。月並み。





昨日、今年初の海にいってきた。

海風と太陽と水着女子←を見ながらの昼間っからビールをかっくらうという完璧な休日スタイル。
外で飲むビールはなぜこんなにもうまいのか。

老若男女、様々な人たちで賑わっていた。

ナンパに勤しむ人達も当然いたし

明日のことは考えず全力に楽しむ子供達もいたし

自分の様にただアルコールを摂取することに全力を注ぐ人達もいた。


いくら楽しいからといってもはしゃぎ過ぎてはいけない。ライフセーバーの皆さんは常に我々の安全を管理していてくれるが、彼らが暇であることが1番なのだから。

ライフセーバーの身体は本当引き締まっている。
海での人命救助は我々が考える以上の体力を消費するのだろう。たるんだ中年太りスタイルはお呼びではないのだ。

溺れている人は、何かに掴まろうと必死なので助けに行った場合には救助者に全体重をかけようとする。
浮力がかかっているとはいえ、水中で急に荷重が増えるとスムーズに泳ぐのは困難だ。
溺れた人を見つけ、かっこよく飛び込んで助けに向かうのはいいが2人とも溺れてしまうという状況が多い理由はこれらしい。
浮き輪を忘れずに携帯して助けに行こう。

自分は波にさらわれるという状態がよく分からない時期があった。人並み以上には泳げたこともあり、溺れた経験もなかった。
しかし、去年危ない嫌な体験をした。

波が強くなってきていたのはわかっていたが、構わず泳ぎ続けていた。気づいたら波に押されるよりも引き込まれる力の方が強く、どんどんどんどん沖から離されていった。
余裕で足が届かないエリアまで流されてしまったのだが、命の危険を感じた人間の底力はすごい。波に負けない気合のクロールで生還した。


泳げるからといって過信してはいけないのだ、と1つ経験になった。
毎年海での悲しい事故は付き物だ。
なるべく自分で避けれるものは避けよう。
当たり前だが、楽しさとアルコールのテンションで大人は当たり前のことを忘れてしまうのだ。
ルールを守って遊ぼう。



仲間と楽しいことをして英気を養い、今日からもお仕事に励んでいこう。8月のはじまりだ。
7月が個人的にあっという間に終わってしまった。
きっと8月もそうなりそうだ。
気を抜かずにがんばるぞい。


ではでは:)