gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

「みんな違ってみんな良い」というわけではないが、「みんな違うから面白い」のは実際問題あると思う。

日記 医療 写真 カメラ プリクラ 整形



夕焼けを見ると写真撮りたくなるシンドローム(症候群)
気持ちがわかる人いないだろうか。


基本、写真を撮る時はiPhoneだ。
オシャレな一眼レフとかそういうのが欲しくなった時もあるのだが、結局iPhoneのカメラアプリで満足している自分がいるのでよっぽどのことがない限り今後も購入はしないだろう。
知り合いの医師は旅行の際に何台もカメラやその付属品を持参していた。なんか景色に対して相性があるのだろう。よく知らんが。
荷物のほとんどがカメラ道具なのもいかがなものか。


最近はInstagramなどのアプリがあるので写真の加工は簡単にできる。ものによってはプリクラの様に目を大きくしたり、小顔にしたり、さらには足を細くすることもできるそうな。
修正かけても実物は変わらない訳だから意味はない気がするのだが、そんなことを言っても野暮なのは分かっているので言わない。


プリクラが400円くらいで加工技術を駆使し、人々に喜びを与えてくれるのに対して1000円弱で現実を叩きつけてくる証明写真撮影機は残酷だ。


ああいった加工技術に限らず、美容形成手術を行い、その後も部分部分が気になって止められなくなる人がいる。美容形成依存症とか言われる。

人によっては億単位のお金を注ぎ込んで身体を変化させる。綺麗になりたいという美への意識がそうさせるのだろうか。
正直くだらないとは思わない。
それでその人が幸せになるなら整形はガンガンするべきだ。

親戚に一重を二重にプチ整形したヤツがいる。
それを聞いた自分の祖父母、父母世代からの冷ややかな目というか、嘆きというかなんというか、、まさに微妙な空気だった。

自分は別にどうとも思わなかった。
「あれ?顔変わったー?」みたいな軽いノリで話していた。
本人曰く、プチ整形してから人生初の彼氏も出来たそうで。ただ、やはり昔の友人には会いにくいと言っていた。美への対価はお金だけではないということだろう。


これは果たしてハイリスクハイリターンなのだろうか。
本当にハイリターンなのかはしばらく経たないと分からない気がする。下手したらリスクを選んだだけという結果になりかねない。

とりあえず、その子には

「いじるのは目だけにしときなよ」

とだけ忠告した。



まぁ、自分だって「もっとイケメンだったら!」と思ったことはあるし、「二重で目がパッチリになってもうちょい顔の形良くなって歯並びとかも完璧になったらetc」と自分の外見の欠点を羅列したらキリがない。
結局は無い物ねだりなのだ。


ジャニーズ並みにイケメンな人でもスポーツがサッパリ出来ない人だった場合、ブサメンである自分の運動能力があったら。。と嘆くかもしれないし。

EXILEにいそうなイケイケなメンズも身長が低かったらブサメンの自分でも身長があるから羨ましがられるかもしれない。

非の打ち所がない完璧超人なんてほとんどいないと思う。みんな何かしらコンプレックスを抱えている。
その問題の大小については他人は理解できない。
その人の価値観。何を重視しているのかということが大切になるからだ。


「みんな違ってみんな良い」というわけではないが、「みんな違うから面白い」のは実際問題あると思う。


ブサメンがいるからこそイケメンが成立するのであって、みんながみんな美男美女だったら何ともまぁ味気ない世の中になることだろう。


という、自虐的兼肯定をかましたところで日本史上初の山の日を過ごそうと思う。


ちなみに、山より海派!!


ではでは:)