gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

人間、勉強ができればいい訳ではない。が、できないのがいいとは言っていないのがミソである。

日記 小学生 勉強


山の日も終わったが、田舎の山々の写真を。



幼少期は山、川で朝から晩までひたすらに遊んでいた。それが自分の運動能力に影響したかは分からない。が、身体を動かすということはやはり小さい頃からしておくべきだと思う。

水泳や自転車に乗るといった動作も大人になってから覚えるのは一苦労だ。
しかし、感受性豊かで何事においても吸収力が半端ではない子供の頃なら習得するのは格段に楽だ。

英語の習得も小さい頃から教育熱心にやっているお母さん達を見る。詰め込み教育というやつの部類に入るのだろうか。




以前こんな話を聞いたことがある。


教育熱心な母親がいて我が子を優秀に教育しようと先取り先取りで知識を詰め込ませたそうだ。


結果、小学生低学年で微分積分をマスターするレベルにまで到達したそうな。


さぁ、そんな学力を装備した子供の将来はさぞ輝かしいものになったことだろう。。。


となる訳はなかった。


その子は学校にろくにいかなくなってしまったらしい。


大人になった我々からしたら、高校三年生と同等の学力を持った状態で小学一年生に戻れるとしたら楽で楽でしょうがないと考えるだろう。


そう。
楽で楽でしょうがないから学校へいかなくなってしまったのだ。

考えてもみてほしい。
自分が微分積分できるのに周りは1+1や2×3とかやっている訳だ。テストなんて100点で当たり前だろう。そうなると、アホらしくて学校なんて行きたくなくなる。

「僕はみんなより優秀だから授業がつまらないのもしょうがない!」

という風に考え、セルフコントロールできるメンタルの持ち主が小学一年生にいるだろうか。いや、いない。
優秀な頭脳を持ってもそれを扱う人間の能力が低ければ意味がないのだ。

論理的思考が持てるまでは詰め込み学習は意味がない、ということを言っていた知り合いがいる。
自分は英才教育なんか興味はないが、子供ができたら中の上くらいの学力はもたせたい。残りはスポーツにパラメータを全振りしたい←




"頭でっかち"とか言われる物事を理屈でしか考えないで応用力のない人。社会的にあまり良い評価は受けない人種。
「あの人頭は良いんだけどね〜」
「テストだけは高得点だったタイプ」

とか陰口叩かれる人。


確かに人間、勉強ができればいい訳ではない。が、できないのがいいとは言っていないのがミソである。
結構都合よく解釈してる人多いと思う。


「勉強だけが全てじゃない」とかよく聞くが、そもそもこの言葉を学力が低いヤツが言うのは負け惜しみになるだけだと思う。



「こんなこと勉強して将来なんの役に立つんですか?」
「こんなことも分からない君は将来なんの役に立つんですか?」


有名なコピペだ。

確かに数学、化学、古典などなど。
今では無縁のものがほとんど。
個人的には数学なんて消費税計算できれば、十分だし化学式や古語は今覚えていても雑学程度の意味しか持たない。

しかし、目の前にある課題、問題から逃げてはいけない。意味がないからやらなくていいというわけではない。

「意味のある勉強なら頑張れる!」

とかいう奴に限ってそういう時がきても頑張らない。頑張らないのではなく頑張らない。

偉そうなこと言っているが、自分も学生時代は「なんでこんなこと勉強すんだよ。。意味あんのかよ」と文句を言っていた側だった。


今、高校生の自分に会えたらきっとこう言う。

「意味があるかどうか分かるのは先の話だ。今はとにかくできることを精一杯やれ」


社会人になってからの方がなんなら勉強することは多い。
そう考えれば幼少期に大学生までの知識を詰め込むことに意味はないだろう。
仮に日本に飛び級制度があれば話は別だが。



さて、仕事の合間に勉強しよう。スタバにでもいって。


ではでは:)