gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

BLEACHがナルト、ワンピースから置いて行かれた理由を考えてみる。


今週発売されているジャンプ本誌で「BLEACH」という漫画が連載終了した。連載期間は15年だそうだ。
中学生で読み始めたら今は立派な社会人になっている。
この写真はBLEACHが連載開始した時のジャンプの表紙だ。アプリでこの号のジャンプが無料で読めた。
ちなみに、リアルタイムでも読んでいた。


ヒカルの碁
ライジングインパクト
シャーマンキング


これらが連載してるなんて懐かしすぎてやばい。
わかる人だけわかってもらえればいい。

この時はワンピースはアラバスタ編
ナルトは中忍試験をやっていた。
ここら辺も懐かしすぎる。
わかる人だけわかってもらえればいいその2


一時期、週刊少年ジャンプの三大漫画といえば、

「ワンピース」「ナルト」「BLEACH

であった。

ワンピースは未だ人気で走り続けている。

ナルトは少し前に最終回を迎えた。

対してBLEACHは絶頂期の人気とは程遠いポジションで終わりを迎えた。

これは何故か。昔はファンだった身としてBLEACHがナルト、ワンピースから置いて行かれた理由を考えてみる。





自分が思う1つのポイントは


・技名、キャラ名のカタカナが長くて分かりにくい。


英語やドイツ語などもろもろ使っているせいか、単に技名が長い。あれをしっかり覚えてたら中々のファンだろう。


「ブラソ・イスキエルダ・デル・ディアブロ


これを見て誰の能力かすぐ出てくる人いるだろうか。
主人公一護の友達チャド君の能力である。

日本語でいうと「悪魔の左腕」だ。

こっちの方がシンプルでカッコ良くない?と思うのは自分だけだろうか。

覚えられないのはそれだけ記憶にも残りにくい。
ちなみにちなみに、こんな仰々しい名前の能力を持っているのにチャド君は本編ではあまり活躍できない。やられ役である。かわいそう。


そして、キャラ名も長い。単行本購入派でないと振り返れないから分かんなくなる。

ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク

とか後半部分もういらんやん。と思ってしまう。
ネリエルでいいよ!と。
個人的に好きなキャラだから敢えて例に挙げた←

たまに長いけど語呂というか語感がいいキャラ名もあるが。「グリムジョージャガージャック」は何か言いたくなるリズムだ。
でも、後半に出てくるカタカナキャラ名はマジでさっぱり印象に残っていない。





2つ目のポイントは


・設定の矛盾、回収されていない伏線が多い


これは割と多くの読者が思ってるのではないだろうか。例に挙げれば、それこそ第1話でも後々見れば矛盾点がある。

雑魚敵に襲われてしまい、妹、親父が被害に遭ってしまうのだが、一護が死神の力に覚醒し見事に撃退する。
後々、親父も実は死神だったのよ〜んという事実が明らかになる。しかも強い。


、、、一護覚醒する前に家族守ってよ!親父!!
やられて寝てる場合じゃない!!!


長く連載してるとこういった矛盾は生まれやすいし、ファンの間では議論されるものだ。
きっと親父さんが雑魚敵にやられたのも何か理由があるのだろう。知ってる人は教えてほしい。

さらに連載終了してしまったが、結局あれどうなったの?っていうポイントもそこそこ多いという事実。
きっとノベライズでもされて回収してくれるのだろうか。
聞いた話によると、10年以上ファンの間で言われていた設定の矛盾について1冊の小説で見事に回収してくれたという素晴らしい筆者がいるらしい。
作者公認ならそれも良しだろう。


3つ目のポイント。
個人的に1番なんだかなぁ〜と思う点は


・戦闘を最初から本気でやらない


ボッコボコに相手からやられる

奥の手っぽいものをだす

敵を圧倒。やったか。。?

劣勢の敵もナメプしてたらしく本気出してくる

また追い込まれるが、こちらも本気の本気を出す

倒した!と思ったら敵が最終形(ry


このパターン。
もう最初から下二行くらいの本気の状態で戦え!といつも思う。基本手を抜いていくスタイルだ。
そりゃ主人公vsラスボスの戦いならアリかもだが、メインの戦闘以外でもこんな感じで引き延ばすから非常にテンポが悪い。
実際に漫画を読んでいるとき、どちらかが圧倒していても「そろそろ展開ひっくり返すんでしょ?」と探りながら読んでしまう。
どっちが勝つんだ?というハラハラがない。
15年の間で最終章に5年近くかけたというのだから展開がゆっくりなのは否めない。




まぁ、ここまで色々書いたが自分は連載当初からちゃんと読んできているのでちゃんとしたファンの1人と言える。批判してるけど、読んでる事実には変わりない。最初の頃は好きな漫画だったし。
コミックス20巻くらいで終わっていたらよかったのではないかと個人的には思う。


漫画というものは人気で長く続いたからといって綺麗に終わることは難しいと思う。自分が終わらせたくても出版社の関係とかで続けなくてはいけない漫画家もいる。


スポーツ選手にも言えるが綺麗な引き際というのは難しいものだ。後悔がないなんてことはありえないから。



BLEACHのことがさっぱり分からない人にはさっぱりきっかり分からない記事になってしまった。
ま、そんなのもたまにはよし!ということで。


ではでは:)