gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

「女性が活躍できる社会に!」夫婦共働きが当たり前になっている世の中において、素晴らしいスローガンだと思う。しかし、「活躍できる」と「優遇される」は別問題だ。

日記 男女 差別 男女差別 電車


ラーメンを食べたい。朝なのにそんな気分。
二郎系のあの中毒性はどこから生まれるのだろうか。
不思議だ。



昨日の記事で男女差別について少し触れた。

「男女差別」とグーグル先生で調べると色んな記事が出てくる。自分にはない観点で書かれているものが多くて結構驚いた。

ピンクとブルーのプレゼントがあった時、女性だからという理由でピンクを選択するのは差別になるらしい。
「女だからってピンクと決めつけるのはおかしい!」
という話だ。なるほど。

あと、女性が家事・育児と仕事を両立させることを褒めるのも差別だと感じる人がいるそうだ。
「女性が家事育児をやるものだと決めつけている!」
だそうだ。んー、そうかなぁ?

今挙げた例はあくまで一意見なので女性の全員がこの様に考えているとは思わない。



少し論点を変えるが、そもそも女性ってそんなに言う程扱いが悪いだろうか。


女性専用車両というものがあり

レディースデイという謎の割引の日があり

力仕事や機械作業は「男なんだからやってよ!」とパスすることができて

育児休暇も取りやすい


男より大分優遇されている気が。


男なんて、電車では痴漢に間違われないためにわざわざ両手をあげなければいけない。
だって全くもって何もしなくても、

「この人痴漢です!」

と言われたら、取れる選択肢は、逃げるor身分証明をしてこれで現行犯逮捕は出来ないことを説明するの2択しかない。ここでミスれば人生を棒にふる。
そんな面倒くさい状況に陥るくらいなら両手を挙げてた方がいい。
これって女性が男に痴漢したらどうなるのだろう。
あくまで推測だが、男の主張は取り合ってもらえないと思う。


力仕事や機械をいじるのが苦手な男性もいるだろう。それなのに「男のくせに出来ないなんて!」と言われる。これが家事ができない女性に「女のくせに。。」なんて言おうものなら「女性差別だ!」とコンマ2秒で飛んでくる。なんだかなぁ〜。



育児休暇もそうだ。
仕事よりも家事をやりたい、若しくは奥さんが仕事をやりたがってる。という理由で夫にも育児休暇をとる権利はあるのに、中々スムーズにいかない。
現に自分の職場ではそうだった。
「男なんだから働いたら?」と言われたそうだ。



仕事で「女だから相手にしてもらえない」
とか言う人はいるが、それを言う前に自分の能力が足りてるかどうかを検討する必要はないだろうか。

確かに男女によって仕事のやりやすさ、やりにくさはあると思う。

事実うちの職場では
女性(特に若くて可愛い)にやたら厳しい年季の入ったおばちゃんお局看護師も男には割と穏やかに接してくれる。仕事もスムーズに運ぶ。

「いいよね〜男は!」

と女性陣によく言われる。
しかし、こっちだって同じことを言いたい。

気難しいアラフォードクター達(男)は結局、話すなら女性の方がいいのだ。男が話しかけるのも躊躇うレベルでも問題なく笑顔でコミュニケーションとっているし。そんなの見てたら

「いいよね〜女は!」

と言いたくもなる。





「女性が活躍できる社会に!」夫婦共働きが当たり前になっている世の中において、素晴らしいスローガンだと思う。しかし、「活躍できる」と「優遇される」は別問題だ。
なんかそこを履き違えている人が多い気がする。


別に女性のことを下に見たいわけでも男性に権利を!と主張したいわけでもない。
ただ、どっちもどっち。ないものねだりなんだよ、ということを理解した上で歩み寄れないものかな〜と考える自分なのでした。


ではでは:)