gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

店員さん「先ほどお話ししていた商品が…在庫切れなんです」自分「え、えーそうなんですかー(棒)」大根役者というのはあの時の自分を言うのだろう。


Bianchi concept store。
よくお世話になっていたお店。
Bianchistoreは神田や丸の内など、都内ど真ん中にあるので便利である。購入後のアフターサポートもバッチリしてくれるいい所。




そもそもロードバイクに乗るきっかけはなんだったのかと言えば、、、何となくだった。



社会人1年目になった時。
自宅から職場までの距離が自転車で通うのにちょうどいいくらいであったたため自転車通勤を決意。


なんとなく個人的見解でママチャリはダサい。
と思う節があった。


そのためスポーツバイク枠のクロスバイクを購入。


"クロスバイクロードバイクは何が違うの?"


と、よく聞かれることがある。

「ハンドルの形」といつも答えている。

それで相手が納得しなければ、

「ママチャリとロードバイクの間がクロスバイク

と答えている。多分言う程的確ではない。


過去ママチャリしか乗ったことがなかった自分にとってクロスバイクは革命的だった。

速い、漕いでいて楽。

初めて買ったのは3万円もしない低クオリティのクロスバイクではあったが、それでも十分であった。

ちなみに、高いクロスバイクを買うくらいならロードバイクを買った方がいいというのが自論である。




クロスバイク通勤を初めて数年。
なんとなくソロソロ自転車をレベルアップさせてもいいのではないか?というなんの根拠もない発想が生まれる。

そして、家の近くにあったBianchistoreを訪れて購入にいたった。


ロードバイクは使われている素材に

クロモリ、アルミ、カーボン、チタン

などなど種類がある。
競技者のほとんどが使用しているのがカーボンだ。

どうせ買うなら良いものを、精神が出てフルカーボンのロードバイクにした。


この時、対応してくれた店員さんが非常に印象的で。
溌剌とした通る声を持った爽やかな人だった。

知識のない自分に丁寧に色々教えてくれ、良い人だったのだが、問題は商品を決めた後に起きた。

店員さんが激推ししていたモデルが詳しく調べたら在庫切れであることが判明。


店員さん(電話中)
「えっ!?商品が在庫切れ!?つまり、、私はお客様に既にない物をお勧めしていたことになるんですかッ?」

在庫切れについて無駄に良い声大きい声で説明していた。こっちにも丸聞こえだった。

堅い表情でこちらに戻ってきた店員さん。


店員さん
「お客様…非常に申し上げにくいのですが…」

知ってるよ。
てか聞こえてたよ、丸聞こえだったよさっきの会話

店員さん
「先ほどお話ししていた商品が…在庫切れなんです」

自分
「え、えーそうなんですかー(棒)」

大根役者というのはあの時の自分を言うのだろう。

オススメのバイクは入荷目処がないらしく、他のバイクを購入することになった。少し値段が上がってしまったがグレードも上がったので今となっては後悔はない。



脚や腕の長さを計測し、適切な規格のバイクを選ぶ。思えば生まれて初めて正確な脚の長さを測った気が。
膝下が特に長いと言われた。
フランス人の平均より脚が長い、と言われたのだがフランス人の平均をそもそも知らない。


無事にロードバイクを手にして早数年。
色んな所にいった。
車や新幹線などでは体感できない景色を見ることができるからロードバイクは好きだ。


台風のせいで天気が安定しないので中々遠出をできていないが、またふらりと何処かへ走りに行きたいなぁと思う今日この頃である。
現実逃避ではないのである。



この記事を書いてる途中でiPhone6の限界を感じ始めたのでそろそろガチで買い替えを検討しようと思う。
色は普通にブラックにする。
ジェットブラックは触った感じだめだー!


ではでは:)