gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

伝えたいことは、ずっと前にもらったものと同じ。 言葉にかえられない気持ちを、正体不明の興奮を。

このマークを見てピンと来る人は多いかもしれない。

タワーレコード。通称タワレコ

本社はアメリカにある大手のCDショップである。
基本的にCD新譜はここで買う。ポイントカードあるからね。


店内には邦楽洋楽様々なアーティストのCDが陳列されている。さらに店内壁にはアーティストがコラボした「NO MUSIC, NO LIFE」ポスターがある。
これには各アーティストが考える、音楽と人生の接点についての文章が書かれている。
これを見るのが結構好きだ。
短くシンプルなものから長く熱く語られたものまでこれまた様々である。

サイトでおそらく全部読めるはず。
好きなものを紹介する。





"インターネットの中で、どこの何かもわからない悪意に傷つけられる時代ならば

このバンドでボロボロに使い古されてパンパンに膨れた財布の様な歌を歌いたい

中には全財産と、カードと、お守りと、そしてなにより、自分達が何かっていう身分証明書が入ってる"

クリープハイプ





このバンドの感情剥き出しの歌詞と表現がとても好きだ。声で嫌いにならないでほしい。もっと普通の声で歌えばいいのに。。とか言わないでほしい。






"音楽はね、死ぬと聴けなくなるんですよ。
今のうちだぜ"

「星野 源」






某ドラマで女性達をキュンキュンさせまくっているあの人もこんなことを言っている。シンプルだが、それ故に伝わる。








"伝えたいことは、ずっと前にもらったものと同じ。
言葉にかえられない気持ちを、正体不明の興奮を。"

9mm Parabellum Bullet






個人的にはこの文章が1番印象に残っている。2011年に貼られたものだが本当によく覚えていた。このバンドが好きだから依怙贔屓しているわけではない。
自分の考える、音楽とは何か?
という答えに近いのかもしれない。







"成功ってなんですか!?

レコードのセールス?
チケットのソールドアウト?
観客の喝采?
確かにそれもそうだけど、いま自分の中にあるのは、もっと何かを巻き起こしたいとか、巻き起こった事が自分の音楽とどこかリンクしているような、そういう矢沢でいたいということですね。

本気で遊んで、楽しんで、みんなを熱くさせたい。
“本気”とか“必死”という事をバカにするような風潮や時代もありましたけど、カッコつけてるだけだと結局何やったらいいかわかんなくなっちゃう。
もう一度“本気”のところに行かなくちゃいけないと僕は思いますね。

ホントの話っていうのはシンプルで、いつの時代も変わらないんじゃないですか。"

矢沢永吉





流石は永ちゃんである。
最後の文章は特にマジかっこいい。






"「NO MUSIC, NO LIFE?」とか
素敵な事ほざいてるやつら全員
音楽でやっつけたいんです。"

マキシマム ザ ホルモンマキシマムザ亮君





この企画をぶち壊す感じが彼ららしい。






最後に紹介するのはとある若手バンド。






"10年後生き残ってたら、良いこと言います。"

キュウソネコカミ





是非生き残って良いこと言ってもらいたい。この業界、10年生き残れるかどうか保証はまるでない。
良いものを長く作り続けるということは言葉では書き表せない苦悩があるはず。
遊び程度でも曲を作ることをしていた自分にはその大変さが少し分かったりする。


さあさあ、タワレコのいいお言葉を聞いたところで今日も音楽を聴きながら1日を始めよう。


ではでは:)