gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

プロテインは飲むと筋肉がつく魔法の粉みたいなニュアンスで考えている人もいる。もちろんそんな訳はない。

そうだね、プロテインだね。いうフレーズでブログを閉めたけれど、これを言っている人は誰だっけ?と2分ほど考えた。が、しかし出てこなかったのでグーグル先生に聞いて見た。


パッション屋良

クソ懐かしい。ウィキペディアで色々調べたら今は会社を設立してイベントのプロデュース、ディレクターをやられているそうだ。
ネタのやり過ぎで胸骨を折るなど色んな逸話が出てきたがとりあえず割愛。


前置きが長くなった。
今日は何について書くかというと、
プロテインについてだ。

飲んだことがある人は案外多いかもしれない。
一時期プロテインダイエットも流行ったし。

一部の人はプロテインは飲むと筋肉がつく魔法の粉みたいなニュアンスで考えている人もいる。もちろんそんな訳はない。

要はタンパク質の塊である。ま、タンパク質を英語で
「protein」(プロテイン)と言うしまんまなのだが。
そのため、他の場面でしっかり栄養を摂取できているのなら、別にプロテインを摂取する必要はない。

一般の人でも自分の体重分のタンパク質が1日に必要と言われている。70kgの人ならタンパク質は70gが1日の必要量になる。
具体的に言えばサラダチキン3〜4個だ。


さて。身体を作るために必須ではないプロテイン
なぜみんな飲んでいるのか。
理由は単純明快。
手軽にタンパク質を摂取できるから。
そう自分は考える。


代表的なプロテインの摂取タイミングとしてあげられるのは「運動後30〜1時間以内」「就寝前」この2つだが、この各々のタイミングでサラダチキン1〜2個や卵を4〜5個食べろと言われても正直嫌である。


しかし、プロテインシェイクなら200〜300ml程度の水に溶かして先ほど挙げたのと同等量のタンパク質を摂取可能だ。


1回で吸収可能なタンパク質量は20〜30gとか言われているが、人の身体によって違うとか言われたりもしている。結論よく分かっていない。

色んな方法を試して身体作りをするのが1番ということだろう。


このプロテインネタ、もうちょい続くんじゃ。


ではでは:)