gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

カロリーで食事を考えてはいけないのだ。栄養素で考えるべきなのだ。

昨日の記事でプロテインを女性も飲んだ方がいい、的なことをちょろっと書いたのでそれについて詳しく書く。



人間、スポーツやっているやっていないに関わらず自分の体重×1gのタンパク質は最低量摂取しなければならない。

タンパク質は筋肉だけでなく、骨や皮膚といった組織の元になるため美容観点からいっても枯渇させてはいけない栄養素である。



しかし、女性でこの「体重×1gのタンパク質」を毎日摂取している人は相当少ないと思う。

例えば50kgの女性がいたとしてその人が50gのタンパク質を1日で摂取しようとしたら


卵だと・・・約8個
納豆だと・・・約7個
サラダチキンだと・・・約3個


各食品このくらい取らなくてはいけない。
サラダチキンなら一食一個食べれば目標値はクリアできるが、それだけで食事が終わってしまう女性も多いのではないだろうか。

そもそも、男性に比べて女性は胃袋のキャパが小さい人が多い。
逆に全然食べられない男性もいるし、超大食いの女性も勿論一定数いるがひとまず置いておこう。



良くない食事パターンの例を挙げると、、、




起床。


朝食はフルーツと牛乳。
簡単に済ませる。


昼間に友人とランチ。
高カロリーの代名詞とも言われるペペロンチーノを食べ、その後の15時頃にはスタバにてフラペチーノをホイップたっぷり。


そして、帰路につき考える。


「今日はカロリー高いものたくさん食べちゃったなぁ。。。夜はカロリー抑えなきゃ!」


夕飯はサラダのみ。
これでカロリーの帳尻は合う。

ということで、安心して就寝zzz



割とあり得なくもない1日の食事になると思う。



ここで何が1番悪いか分かるだろうか?

それは、

高カロリーな昼食のペペロンチーノでもなく、

極端にカロリーを抑えた夕食のサラダでもない。

この食事メニューは圧倒的にタンパク質が足りない。
体にとっては非常に良くない。


カロリーで食事を考えてはいけないのだ。
栄養素で考えるべきなのだ。



じゃあ、どうすればいいのか。
ここで登場するのがプロテインである。

200mlほどの量で20〜30gのタンパク質を取ることができる。上記の食事メニューに加えるなら、


朝食の牛乳をプロテインシェイクに代えて、

夕食のサラダの時にもう一杯プロテインシェイクを飲む、もしくは就寝前に飲む。
寝る前に食べると太る!と思うかもだがタンパク質の場合はむしろ取るべきタイミングなのだ。


この2杯を加えるだけで女性なら1日の必要タンパク質は大体達成できる。もちろん食事でカバーするのが1番であるのは言うまでもないが。

どんなプロテインが良いかは昔書いたので興味がある人は見てみてほしい。


1つの揺るがない真実は「そんな都合のいいものは絶対に存在しない」ということである。 - 日々はあけぼの


ちなみに、女性用とか用途を分けて発売しているメーカーもあるが、基本的に気にしなくていいというのが個人の見解である。



なんか偉そうにつらつら書いたが自分もまだまだ勉強中の身なのでもっと詳しく勉強してみようと思い直した今日この頃であった。


口からご飯を食べれる幸せをかみしめつつ今日もがんばるぞい。


ではでは:)