gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

1日で342万人(新宿駅の1日利用人数。ちなみにギネス記録)

寒波もなんだから落ち着いてきた感じの今日この頃。
別に気温的に寒くないわけではないのだが、それでも先週のことを考えると幾分かマシなのは間違いないだろう。
しかし、今日また雪が降るとか何とか。。
もういいよ。。



先週、日本海側の豪雪地帯は2メートル以上積もった場所もあるらしい。半端ない。

2メートル。。。都内でもし降ろうものなら天変地異か何かだと思われるに違いないだろう。


そして、もし都内で2メートルもの積雪があろうものなら豪雪地帯では比率で言えば10メートルをゆうに超える積雪になると思う。もう笑えてくるレベル。


雪に慣れてる地方の人は数センチの積雪で交通機関が麻痺する都会に違和感を感じるかもしれない。その地域は雪が降ることが当たり前だから対策を講じるわけだから、対応できるのは言ってしまえば当たり前である。対応できないレベルの雪もたまにあるけど。。。


都内において運行に支障を来すほど積雪することはあくまで「想定外」なのだから運行に影響がでるのはしょうがない。


論点を少し変えると、地方の駅に新宿を利用する人口が訪れたらそれこそ天変地異ものだろう。間違いなく駅員は乗客を捌けない。職務放棄したくなるレベル。
都内のJR職員は毎日毎日対応を繰り返し遅延を最低限にしようと努力している。ありがたい話だ。

もちろん地方都市の駅を1日で342万人(新宿駅の1日利用人数。ちなみにギネス記録)使うなんてことはまさに「想定外」である。
それは突発的な積雪も同じ様なものではないか、と考える。


公共交通機関が遅れると行き場のない怒りを駅員さんにぶつける人も割と見るが、そんな時ほど自分の立ち位置を変えて冷静に客観視することが大事なのではなかろうか



みなさん、駅員さんに感謝の気持ちを忘れず今日も1日始めよう。


ではでは:)