gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

A「大げさだな〜性格が良くて顔が普通の人なんてたくさんいるから大丈夫だよ〜」

日記 スターバックス スタバ

いつもの様にスタバで作業していた日曜午後。

今までも何回かスタバの人達の会話をネタにしたことがある。


スタバで夢を語るゲスの極みと天然策士(アラサー) - 日々はあけぼの

「でも、せっかく何かに属して働くならその中でも"高み"に行きたいよね」リアルで"高み"とか言う人初めて出会った。ワンピースかよ。エースかよ。 - 日々はあけぼの



昨日もネタを提供してくれる人達がいた←
もはや作業の一休み中に人の会話を聞くのが癖になっている。




4人の女子グループ。
各々が寒い中フラペチーノを飲んでいた。



Aさん→かわいい。リーダー格のイメージ。
Bさん→スマホゲームしながら会話には混ざる
Cさん→メガネをかけている。図書委員みたい。
Dさん→ギャグ担当。ユーモアのある表情。





D「ねぇねぇ。彼氏ができないんだけど、どーすればいいかな?」


A「手当たり次第にアタックしてみなよ〜誰かは引っかかるって。世の中広いから」


割と雑でひどいアドバイスをしている。


B「彼氏といえば、AとCは最近どうなの?」


スマホに目を向けながら会話を投げかける。


A「私は順調〜。この前デート行ったし!」


C「私は別れちゃった〜何か合わなくてね〜新しい人探す〜」


さすがリーダー格は何事も順調である。


B「でも、Cの彼ってまだ1ヶ月くらいしか経ってなくない?」


C「そうなんだけど、何か波長が合わないっていうかね〜やっぱりそういうの大事じゃん??」


A.B.D「「「わかる、わかる〜」」」


D「でも、みんないいな〜私も早く見つけないと。このまま結婚できないで人生終わりそう」


A「大げさだな〜性格が良くて顔が普通の人なんてたくさんいるから大丈夫だよ〜」


Dさんはイケメンとは付き合えないという前提で話を進めているあたり悪意を軽く感じる。
当の本人はあまり気づいていなそう。


B「私も今の彼飽きちゃったから変えようかな〜」


なんとも気軽な感じで男を取っ替え引っ替えする感じである。Bさんはやり手なのだろう。


C「でも、うちの学年イケメンいなくない?やっぱり先輩だよね〜」


D「確かに!そういえば6年生の先輩で良い人いたな〜」


C「頑張ってアタックしてみなよ!」


A「少し冷静に考えて距離詰めていきなよ。Dは好きになると一直線なんだから」





。。。







女子にはありがちなトークだったと思うが、何が印象的だったかおわかりだろうか?



女子大生の様なトークを展開しているこの4人。
なんと小学生だった。
恋バナの合間に国語とか算数の話とかしていた。


会話から察するにおそらく小5以下なのは間違いないだろう。自分が小学生の時を思い出してみても誰々と付き合うだなんてワードが出てくることがまずなかった。会話内容と容姿がマッチしなさすぎて笑うところだった。


子供達がスマホを持つのも当たり前の時代になり、昔では考えられないくらいませた考えを持った子供は増えているのだろうなぁ〜とか思いながらコーヒーを飲み作業に戻った自分なのであった。


Dさんに素敵な彼氏ができることを祈る。


さあ、今週も気合いいれていこう。


ではでは:)