gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

自分の信念を貫き子供を身を呈して守った。 言葉にするには簡単だが、咄嗟にこんな行動がとれる人はほとんどいないだろう。

最近、車から轢かれそうになった子供をかばってお亡くなりになられた人のニュースを見た。


運転手はなんと飲酒運転だったそうで本当同情の余地がカケラもない。しかるべき制裁を与えて欲しいのは言うまでもない。



お亡くなりになられた方は、お子さんを交通事故で亡くされた過去があったそうだ。同じ悲しみを繰り返さない様にするためにも子供達の安全のために毎日横断歩道での誘導をやっていたとのこと。





身内の立場で言うなら、何で自分の身を守らなかったんだ!という意見も分かる。


自分が死んでしまったら元も子もない、という意見もあった。確かにそれも一理あるかもしれない。



しかし、自分の信念を貫き子供を身を呈して守った。
言葉にするには簡単だが、咄嗟にこんな行動がとれる人はほとんどいないだろう。我が子ならまだしも他人の子供だ。


もしかしたら、子供を事故で亡くさなければこの行動を取ることは無かったかもしれない。そう考えれば辛い過去にも意味があったように思える。前途ある子供達のための命を賭けた行動は尊敬の念以外何も浮かばない。いや、尊敬なんていう一言では表しきれない重みがある。



それと、救われた子供のメンタルケアがしっかり行われることを祈る。命があったとはいえ、自分が関与したことで人の人生が終わってしまったという事実に変わりはない。重すぎる現実だ。





切り口を変えてみれば、悲運な人生だったという人もいると思う。だが、自分はそう思わない。


言葉に語弊があるかもしれないが、


素晴らしい人生だったのではないかと思う。


自分の信念を貫き通して最期を迎えたのだから。






交通事故は怖い。
自分が何も悪くなくても他人の過失で命を奪われてしまう。今日も元気に1日を始められることを感謝しながら今週をしめようと思う。


ではでは:)