gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

「鬼は外福は内」という台詞とともに豆を誰かに投げつけるという冷静に考えたらシュールな絵面

日記 コンビニ

昨日は節分だった。



「鬼は外福は内」という台詞とともに豆を誰かに投げつけるという冷静に考えたらシュールな絵面なのだが、幼少期はなぜかみんなハイテンションで楽しんでいた思い出がある。


年の数だけ豆を食べるというのも記憶に残っている。小学生だと10個そこらだから割とあっさり食べれてしまう。
一緒に豆まきをしてくれたじい様ばあ様にも年の数だけ食べるように言っていたのを思い出した。
高齢者に70個以上食べさせてはいけない。
誤嚥するというかもっと栄養のあるものを食べてもらいたい。切実。



あと節分と言えば恵方巻きだろうか。
コンビニがこの時期になるとやたら宣伝して売り出そうと気合いを入れている。


このルーツを調べてみたら「恵方巻き」の名付け親はコンビニ王者セブンイレブン様だそうな。
そう考えるとコンビニで売り出しているのは至極真っ当である。


もともと関西大阪あたりであった巻き寿司を食べる文化を利用してビジネスに繋げたわけだ。
土用の丑の日が鰻を売り出すためにできたと同じように2/3を太巻き寿司を食べる日に位置付けた訳だ。
広島から始まったそうだが、あっという間に広がり全国規模のイベントに。



しかし、北国出身の友人は

"とある方向を向いて無言で巻き寿司を食べる"

という行為がシュール過ぎてネタだと思っていたらしい。ま、分からなくもない。



そもそも恵方は何で毎年変わるのか。干支みたいな感覚で神様のいる方向が変わるのである。
ちなみに、恵方と呼ばれる方角は4つだけ。
それをローテーションしている。


とまぁ、こんな事実を節分の翌日に聞いたとしてもしょーがないという話だ。ま、来年の節分の時まで今日の話を覚えてもらえれば幸いだ。


もちろん恵方巻きを食べることはなかった。
叩き売りされてるのを今日買うのもありかもしれない。ザ貧乏性!


ではでは:)