gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

20歳でヒットソングを叩き出し、1000万円くらい手に入れたとしてもその後に全く鳴かず飛ばずだったら普通に働いてる方がマシだ。その後に人生は60年近く残っているのだから。

日記 音楽


自分は音楽が好きだ。
毎年の様にフェスにも行っている。

とは言っても邦楽のバンドに限定されているのだが。
過去にもブログで色んなバンドの紹介をしている。




フェスに行ったことがない人はイメージしにくいかもしれないが、フェスの場合大きいステージから小さいステージまで複数ありそこでアーティスト達が演奏をする訳だ。


もちろん人気のアーティストほど大きいメインステージでの演奏が可能であり、さらにその中でも演奏順が遅くなるほど人気になる。
そりゃ1番人気のアーティストをトップバッターに持って来た日には最後まで客がいないかもしれないからだ。
まぁ、たまーに大人の事情が入っていそうなタイムテーブルも見受けられるが。。。




そんなフェスのタイムテーブルを見ていると、昔からずっとメインステージにいるバンド、アーティストもいれば


昔は1番小さいステージだったのに、メインのトリを飾るまで上がっていったバンドもいる。


逆に少し前はメインで活躍していたのに、今や小さいステージで演奏しているバンドもいる。



これを見ると第一線でい続けること、売れ続けるということの難しさを痛感する。

大半のバンドがメインステージまで進めず力つきる。
そう考えれば1度でも輝けたのは幸せなことかもしれないが。




現在の音楽業界はとにかくCDが売れない。
AKBとかEXILEの様な商法を取らないとミリオンセールスを打つのはかなり厳しい。


それ故に最近、活動休止や解散するバンドが増えている様に思える。そりゃいくら音楽が好きでも収益がなければ食っていけないし、曲もリリースできない。


一曲の爆発的なヒットを生み出したところでそれを維持できなければ意味もない。
20歳でヒットソングを叩き出し、1000万円くらい手に入れたとしてもその後に全く鳴かず飛ばずだったら普通に働いてる方がマシだ。その後に人生は60年近く残っているのだから。



自分の好きだったバンドも気づけば音沙汰がないなんていうパターンも多い。時代の流れと共に流行りは変わるものであるが、厳しい戦い生き延びて活躍するバンドはいつまでも応援したい。


絶頂期にどれだけリスナーを獲得出来るかが勝負になるのだなぁとしみじみ思った今日この頃であった。



バンドに限らず、今あるものがずっと続くと思って研鑽を怠る人はきっと痛い目に合うことがあると自分は考えている。
だからこそ、明日のために今日を精一杯動こうと思う。


ではでは:)