gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

原曲よりもアレンジの方がセンスがあってそっちの方を好きになるという現象は割とあるあるなのではなかろうか。

日記 音楽 ドンキーコング サントラ

音楽はよく聴く方なのだが、サントラというものはあまり手持ちにない。しかし、隠れた名曲というものはサントラの中にも紛れている。


特にゲームサントラなんていい例かもしれない。


FF10のサントラは色々あって持っている。
「ザナルカンドにて」は本当に神曲だし、「スピラの情景」という曲もずっと聴いていられる勢いで好きだ。ぜひ聴いてみてもらいたい。



以前他のブロガーさんが紹介してくれたドンキーコングのサントラ。



違った。これではなくドンキーコング2のサントラが驚異的な価格で売られている。



アマゾンで20万円とかするそうな。


ネットでアレンジしてる人の音源が無料で聴けるということを教えてもらったので早速聴いてみたのだが、、



いいッ!



ゲームを夢中でやっていた思い出がフラッシュバックする。原曲ではないが元の曲がいいし、アレンジセンスもあい極まり素晴らしいものになっている。


原曲よりもアレンジの方がセンスがあってそっちの方を好きになるという現象は割とあるあるなのではなかろうか。


インスト曲とかは作ってて実は楽しい。
ただ、、ただ、、
ライブでは盛り上がりにはかける。
だって分かりにくいからね。
弾いてる自分はすごい楽しい←


これまた難しいフレーズだけを取り込めばいいわけでもないので難しい。各パートのバランスを考えながら、それぞれのパートに見せ場を作りつつ。。。
簡単な言葉で纏めると"センス"ということになる。



特に誰に聴かせるでもなく、1人でアレンジ曲を作るのも楽しいのである。発信しないと意味がない!という人もいるだろうが、人それぞれだ。



とりあえず、今日は家に帰ったらギターを触ろう。
こういう時はいいフレーズができる気がする。
(結局できない)


ではでは:)