gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

人間は思い込みの生き物である。「病は気から」はあながち嘘ではない。

病院 医療 日記

病院で働いている医療職あるあるだと思うのだが、たまに会った親戚とかから


「身体の悪いところ見てくれ!」


と言われる。



触れて

見て

聴いてみて


という診療の基本三原則みたいなものはあるが、なかなかそれだけで原因特定は難しい。


あと、これは最早悪い癖と言ってもいいかもしれないが、自分の体調に何かしら異常をきたした時に、常に最悪のパターンを連想してしまうことだ。



例えば救急外来、ERの現場では運ばれて来た患者の状態から原因疾患を特定していく。


この際に重要なのは1番重篤な疾患から可能性を探っていくことだ。


重篤ということは命に直結する可能性が高い。逆に怖い疾患ではないと判断できたのなら焦る必要もなくなる。



こういう癖がついているとこうなる。



頭痛いな
脳梗塞??この前頭ぶつけたから脳内で出血してるのかも。。。etc


お腹痛いな
→腸閉塞??盲腸??痛みの部位と種類はこれだから。。。etc



などなど、考えるのが止まらなくなる。
シンプルに疲れて、しかも結果何でもないという事実。


悪い病気だと考えたらそれだけで何か体調が悪くなる気がする。豆腐メンタル!



しかし、人間は思い込みの生き物である。「病は気から」はあながち嘘ではない。



とりあえず、今日も世界中のみなさんの健康安全を祈る。


ではでは:)