gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

アジカンと同時期にデビューして解散していったバンドが果たしてどのくらいあるのか。

ASIAN KUNG-FU GENERATION、通称アジカンの20周年記念トリビュートアルバムが発売された。
様々なバンドがそれぞれのカバーアレンジでアジカンの曲を再現している。この写真でどこのタワレコかが分かった人は中々の猛者である。


自分は昔からのアジカンファンである。
以前も記事にしたことがある。


「再録だけど、これは紛れもないアジカンの新譜」 - 日々はあけぼの





カバーアルバムというのは世に数多くあると思う。
原曲とは全く違ったアレンジだったり


原曲とほぼ変わらないながらもそのバンドの色を出していたりとパターンは様々。


たまに、原曲よりもこのアレンジの方がいいのではないか?と思わせるものもある。


ELLEGARDENthe Pillowsの「Funny Bunny」をカバーした時はまさにその現象が起きていた。ま、感性は人それぞれなのでその逆に思う人いたことだろう。


今回特に印象的だったのは04 Limited SazabysカバーのM-2「未来の破片」だった。
実は購入を当初は検討していなかったのだが、視聴サイトでこのアレンジを耳にして購入を決断した。
彼等の持ち味を実に発揮している良いアレンジだ。


昔から仲の良いバンドがカバーするのではなく、若手バンドがカバーしているのがまた良い。
アジカンの影響を大なり小なり受けてバンドや音楽活動を続けている世代と言っても過言ではないだろう。



20年もバンドが続くということは当たり前だが、偉大なことで。アジカンと同時期にデビューして解散していったバンドが果たしてどのくらいあるのか。
続いてきたとしても第一線で活躍しているバンドでいったら相当限られてしまうのではなかろうか。


学生時代の思い出を彩ってくれた1つのバンドであるアジカン。今後も続く限り応援してライブに足を運びたい。

しばらくはアジカンの全曲オールシャッフルを聴きながら過ごそうと思う。


ではでは:)