gin1103

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

どんなに自分が良いものを持っていても、それに気づかない、それを他人に見せることができなければ無駄の極みなのだから。

この前飲み会で話題になったことがある。



「人間誰にしも長所が1つはある」



というテーマだ。



人間それぞれ違うから、みんな個性があっていいよねという名目のもと競争主義を否定する考えが割と嫌いな自分ではあるのだが


自己分析を厳密にすれば長所は必ず出てくる。
自分が長所と思っていないだけで視点を変えれば、長所になり得るのではないだろうか。



「神経質な確認主義」

「ミスをしないための確認を怠らない完璧主義」


と捉え方を変えることができるかもしれない。



自己分析というものを綿密にやったことがない人の方が多い気もするこの世の中だが、時間を見つけて取り組んでみる価値は十分あると思う。



どんなに自分が良いものを持っていても、それに気づかない、それを他人に見せることができなければ無駄の極みなのだから。



ちなみに、自分の人に誇れる長所は


足が長い(どーん)


短いよりは全然いい。
ただしかし、自己分析云々は全く関係ない。


ではでは:)