gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

おっさん達はボランティア活動の後、寄付までして帰る


四月第2週も後半戦。
桜は今週末には散ってしまうらしい。


花見はみなさん既に済ませただろうか。


今年は日本全国での開花の順番が結構ごちゃごちゃになっていたらしい。
鹿児島が中々咲かなかったとか。



毎年上野恩賜公園で花見を敢行していた自分なのだが、今年は場所を変えた。
結局外で酒が飲めればそれでいいのだから←






上野にてよく実行していた場所取り方法がある。


用意する人物は




・あざとく可愛さを表現できる女性2〜3名

・屈強な体格の男性2〜3名




女性には場所取り、男性には買い出しをしてもらう。

女性陣に狙ってもらうのは、シートも貼らずに座って飲んでいる酔っ払いおっさんの近く。

可愛い女の子が近くでいそいそ準備をしていたら女の子に絡みたいだけのおっさん達は確実に手伝ってくれる。
さらには、自分達のエリアにちゃっかり侵入してシートを貼っても怒らない。流れで一緒に飲めるから。


ある程度のスペースが確保されてから、買い出し終了した男性陣が登場する。そうすると、何も言っていないのにおっさん達は退散する。「よかったらこれもらってよ」とおつまみや飲み物も置いていく。



こんなに上手くいかねーだろ!と思われるかもしれないが、何故か毎年この方法で確保できていた。
人員が揃えば是非ともトライしてほしい。



もちろん、女性陣は「場所取りを手伝って」とも言わないし、男性陣は一言も「どいてください」とは言わない。なんなら一緒に飲んでもいいくらいだ。


しかし、おっさん達はボランティア活動の後、寄付までして帰る。これは人間の心理なのか、酔っ払いの中にも備わる"空気を読む"という能力なのか。


それとも、可愛い女の子と短時間でも酒を飲めて会話ができただけで十分だよ、ということなのだろうか。
なんちゃってキャバクラなのだろうか。
そう考えれば大分安上がりである。


何にせよ外で酒を飲む時ははしゃぎ過ぎて外傷を負わないように気をつけてほしい。
酒飲んで転んで救急搬送なんてされたらそれを不眠不休で働いて診察しなきゃいけない医療職からの無言の圧力を感じることになる。


今日も救急車のサイレンがならない平和な世界であることを祈る。


ではでは:)