gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

何よりも第一優先で考えられるべきは老人ではなく、子供達であるべきだと。

自分くらいの年齢(30前半)になると当たり前だが、家庭を持つ友人が増えてくる。



つい先日も結婚報告を友人から受けた。
3ヶ月前に会った時は確か彼女もいなかったはずなのだが、彼に一体何が会ったのか…



自分に付き合っている人を隠していた可能性もあるが、その線は薄そうだ。メリットがない。

ということは、彼女ができて3ヶ月でのゴールインということになる。パートナーが子供を授かった可能性がかなり高いと思われる。


所謂できちゃった婚というやつなのだが、世間的にあまりイメージがよろしくない様に思われる。

順番がどうとかいう人が多いようだが、個人的にはどっちでもいいと思う。子供を授かれない夫婦もいる中、めでたい話ではないか。



職業柄、健康に生まれてこない子供と接することも多く、元気な子供を見るだけでこっちも元気になる。

大人は子供の笑顔を見ると自然に笑ってしまう人が多い。きっとこういうものは理屈ではないのだろう。

他人の出産でもたまに感情移入してしまうというのだから、それが仲の良い友人なら尚更だろう。
もはや心持ちはじい様ばあ様の領域になる。



医療に携わってから子供に対しての考え方が変わった。とにかく何よりも第一優先で考えられるべきは老人ではなく、子供達であるべきだと。


この前ニュースで報道されていた男性カップルで里親になった人達の言葉が印象的であった。


"里親制度は子供がほしい大人のためではなく、成長できる環境、家庭を求めている子供達のためにあるべきだ"

というニュアンスの意見。
まさにその通りだ。こういう方達の元に行くことができた子供は幸せだろう。見習いたい。


いつか子供に誇れる姿を見せれる用に仕事を頑張る独身アラサー男子の自分なのでした。


ではでは:)