gin1103
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はあけぼの

スタバ大好き病院勤めの人間。日々の出来事や事件を徒然なるままに書いていくスタイル。Twitter:@gin3011

後悔のない引退なんて存在しないと自分は考えている。

浅田真央が引退。
日本中が驚いたのではなかろうか。


引退。
それはスポーツ選手にいつかは必ず訪れる日。


日本を代表するアスリートの1人である浅田真央の引退はやはり大きい。熱狂的なファンでない自分ですらこんな感覚なのだからファンは尚更ショックだろう。



"イナバウワー"で一世を風靡した荒川静香や、幼い頃から活躍していた浅田真央の影響でフィギュアスケートを始めたというキッズ達は多いのではないだろうか。そういった意味でもフィギュアスケート界への貢献度は計り知れない。


世界と戦ってきた1人のアスリートである浅田真央


オリンピックでの金メダルは叶わなかったが、世界のトップ選手の1人であったことは間違いないだろう。








引退に悔いはないと語っていたが…
真意はどうだろうか。



後悔のない引退なんて存在しないと自分は考えている。

本当に後悔のない引退は無敗のまま競技人生を終えた選手に限るだろう。

そんなやついない!と思うかもしれないが、ボクシング界にはいる。フロイド・メイウェザーというチャンピオンは49戦49勝で引退した。
また復活するらしいが、その話はまた今度。





「本当は続けたい…」


年齢的にまだプレイできるのに引退をする大半のアスリートの本音はこれだろう。



これ以上続けても良い結果を残せる可能性は低い

体力的に限界だと自分で感じた

目標が無くなった


などなど。


正直理由はいくらでも付けられる。


続けない理由を作って自分を納得させるしかないのだ。何より、引退を1番後悔するのは決断してからではない。それから暫く経ってからなのだから。



別に浅田真央が引退することを否定しているわけではない。勿論自分が決めることだし、他人がとやかく言うものではない。

諦めず続けている方が優れているという意見は雑にも程がある。引き際を間違えることが1番の失敗である。



報道されない本人の隠された本音があるとは思うが、それを詮索することに意味はないだろう。

引退後の第二の人生を応援したい。

食事制限も厳しかった様だし、これからは好きな物を好きなだけ食べることができる。今まで出来なかった"普通の生活"を満喫できるはずだ。
姉妹でテレビ番組に出ることも増えるのではないだほうか。


四月だし、新しい環境に飛び込む人も多いことだろう。そんな人達に負けない様に自分もやれることをやろうと思う。


ではでは:)